1. ホーム
  2. 取扱モデル
  3. XJ6 Diversion
取扱モデル
Product Lineup

XJ6 DIVERSION

ハーフカウル・一眼ライトの軽快なフォルム。自在に使えるミドルクラススポーツ、XJ6 Diversion。

特徴・各部詳細説明

ハーフカウル・一眼ライトの軽快なフォルム。自在に使えるミドルクラススポーツ、XJ6 Diversion。

日常の使いやすさと軽快な機動性で、登場以来ビギナーからベテランまで幅広いライダーから高い評価を受けているXJ6 Diversionは、気負わず操れてスポーツ走行からやツーリングまで楽しめるミドルクラスプレジャースポーツモデルだ。

XJ6専用設計の並列4気筒エンジン

シリンダーヘッドは吸排気バルブをFZ6と同一としながらポート形状をより細く絞り込み、ポート形状に合わせて吸排気バルブのオーバーラップ角と最大バルブリフト量とすることで、低中回転域での流量と流速の最適化を図った。
12.2:1の高圧縮比による高トルクを低中速域で活かして4,000?5,000r/min前後でグリップを握る右手にダイレクトにシンクロするスロットルコントロール性を実現したカムプロフィール、ヤマハ独自の高速メッキ技術でシリンダー壁面のみにセラミックコンポジットメッキを施し、軽量なアルミ鍛造ピストンと組み合わせたアッパークランクケース一体型シリンダーとしている。
またストリートでのスムースな繋がりとキレとメリハリ感のあるシフトフィーリングを実現するために、レイアウトをクランクケース左側から右側に移してインナープッシュ式のリリース機構を採用したクラッチ、マッピング最適化を図られた小型の32ビットECUに駆動される4ホール2方向噴射インジェクターとO2フィードバック制御を行なう三元触媒により高度なクリーン化を実現した環境性能、3段膨張タイプで高い消音効果を発揮しながら、同時に心地よい排気サウンドを奏でる4-2-1タイプのミッドシップマフラーなど、プレジャースポーツとしてリニアな操作性を追い求めXJ6独自に設計し直されたパワーユニットを搭載している。

スリム&コンパクトを体現したボディスタイリング

メインパイプに31.8mm径/2.3mm厚の高張力鋼管を使ったスチール製ダイヤモンド型フレームは、部材の溶接箇所や絞り、曲げなどを極力減らしたシンプルな構成で、ヘッド回りやピボット回りに十分な剛性を確保している。
エンジンマウントは4点によるリジット懸架方式により、エンジンブロックを車体強度メンバーとして活用。アルミCFダイキャスト製のFZ6と車体トータルとして同等の剛性を確保しながら横剛性のバランスを相対的に低く設定することで、フレームのしなやかさを活かしたコーナリング特性を生み出している。
脚回りもFZ6のディメンションを基本に、アルミダイキャスト製トップブリッジとスチール鍛造のアンダーブラケットにより支持される正立式41mm径のフロントフォークのキャスター角を26度に(プラス1度)、トレール量を103mm(プラス6mm)とし、リヤにアームの内側で支えるインナー配置のリヤアームブラケットで新しいスリムな造形デザインを確立したスチール製の角形断面タイプのリヤアームを配し、しなやかな走行性と快適性、さらに足付き性の向上も実現している。

日常生活とのフィット感を追求したその他各種装備

フロントカウリングはフレームマウントされたハーフカウル仕様。エアロダイナミックス技術を駆使して造形された、コンパクトだがプロテクション効果の高い軽快感溢れる形状で、長距離ツーリングでの高速巡航走行時にもライダーを疲労から守る。また異型一眼ヘッドライトはスリムで凝縮感あるフォルムを生み出している。
前後ホイールは強度と剛性のバランスを見直しマス集中化とジャイロモーメントの最適化を図った軽量設計で、これにフロント120/70ZR17、リア160/60ZR17サイズのラジアルタイヤを採用し、よりしなやかなハンドリングに貢献している。このほか引き摺り荷重低減を目指しフリクションロスの少ない520サイズチェーンの採用、アジャスタブルハンドルポジションの採用、整備性を高めるセンタースタンドの標準装備など、細部にわたってプレジャースポーツの楽しさと扱いやすさを追求している。

2015年モデルではカラーバリエーションとしてマットシルバー1が新登場。2013年モデルからの継続カラーであるブルーイッシュホワイトカクテル1の2バリエーションとなっている。

価格・仕様諸元

参考価格

XJ6 Diversion

¥810,000

(本体価格¥750,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(除く消費税)、登録に伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。

年式
2015
仕向地
南アフリカ
全長/全幅/全高
2,120mm×770mm×1,210mm
シート高
785mm
軸間距離
1,440mm
最低地上高
140mm
車両重量
211kg
最小回転半径
2.8m
原動機種類
4ストローク・水冷・DOHC・4バルブ
気筒数配列
並列4気筒
総排気量
600 cm3
内径×行程
65.5×44.5mm
圧縮比
12.2 : 1
最高出力
57.0kW(77.5PS)/10,000r/min
最大トルク
59.7N・m(6.1kgf・m)/8,000r/min
始動方式
セル式
潤滑方式
ウエットサンプ
エンジンオイル容量
3.4L
燃料タンク容量
17L
燃料供給方式
電子制御フュエルインジェクション
バッテリー容量/型式
12V,10.0Ah(10H)
減速器
チェーンドライブ
一次減速比
86/44(1.955)
二次減速比
46/16(2.875)
クラッチ形式
湿式多板
変速機形式
常時噛合式6段 リターン式
変速比
1速 37/13 : 2.846 2速 37/19 : 1.947 3速 28/18 : 1.556 4速 32/24 : 1.333 5速 25/21 : 1.190 6速 26/24 : 1.083
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター/トレール
26°/103mm
タイヤサイズ(前/後)
120/70ZR17MC(58W)/160/60ZR17MC(69W)
ホイートラベル(前/後)
130mm/130mm
ブレーキ形式(前/後)
油圧ダブルディスク(外径298mm) /油圧シングルディスク(外径245mm)
懸架方式(前/後)
テレスコピックフォーク/スイングアーム
緩衝装置(前/後)
コイルスプリング/オイルダンパ/コイルスプリング/ガス・オイルダンパ
オプションスペック
イモビライザースイッチ:○
ハザードランプ:○
スピードメーター:km/h

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります

ユーザーレビュー

XJ6 Diversion
XJ6 Diversion

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:2

  • 初バイク購入

    初バイク購入

    2016/08/01ニックネーム:AKIBANN
    平均燃費:街乗り時 14km/L  ツーリング時 18km/L

    初バイク購入

    購入したきっかけは?

    新しく出来たバイクショップが有ると友達に連れられた先がYSP仙台、
    600ccクラスのバイクを探していて展示されていたのを見て気に入り
    試乗して悩んだ末、購入! 

    利用状況について

    あまり、普段は乗れていませんが主に、ツーリングメインです。 

    好きな点、満足している点

    とても扱いやすく長い距離を走っても特に違和感無く扱えるので
    とても気に入ってます。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    初めてのバイク購入なので、まだまだそこまでのバイク知識が無いんですが
    特に今、不満になるようなことは無いです。 

    あなたの愛車に関するコネタ

     

    役に立った:4

    このレビューは参考になりましたか?

  • 検討されてる人へ

    検討されてる人へ

    2016/02/11ニックネーム:ながふみ
    平均燃費:街乗り時 13km/L  ツーリング時 18km/L

    検討されてる人へ

    購入したきっかけは?

    まずバイクぐらいは、誰とも被りたくない!同じバイクに乗りたくない!カウルは欲しい!
    って言うのが条件でで、探して見つけたのが、この子でした!!

    まぁ、、一目惚れですね(笑) 

    利用状況について

    ツーリングですね!
    加速もよくて、ガバ開けするとフロントの設置感覚が無くなるほどパワーはあります(  ̄▽ ̄)
    でも素直なバイクなので乗りやすいと思います! 

    好きな点、満足している点

    ガソリンタンクに貼っている英語のステッカーですね!(笑)
    ツーリング中に知らない人にも(英語のステッカーですね!逆車ですか?!何て言うバイクですか?)
    って聞かれるとこも多々あります!自慢できるポイントですね!

    シートも疲れにくいシートでレーシーなバイクでないので、快適を求めている人にはピッタリ?!
    1日に800㌔ツーリングの時にも、お尻は大丈夫でした(笑) 

    嫌いな点、不満に思っている点

    2つありますね、、
    ①メーターのウィンカーランプですね、1つのランプが右も左もハザードも同じランプがつきます。昔は普通でしたが、最近のバイクなので残念ですね。

    ②テールのデザインは少し気になっています、顔はガッチリしてイケメンですが、お尻はヒョロッとしてる感じですね。400に間違えられる事も泣 

    あなたの愛車に関するコネタ

     

    役に立った:9

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP