取扱モデル
Product Lineup

XTZ125E

セル・キック併用のエンジン、小粒でも本格デュアルパーパス、XTZ125E。
プレストコーポレーション完売モデル〜在庫に関しては各YSPへお問合わせください〜

特徴・各部詳細説明

セル・キック併用のエンジン、小粒でも本格デュアルパーパス、XTZ125E。

ヤマハ・ブラジルで製造されるXTZ125Eはオン/オフロードに対応した、気軽に乗れるデュアルパーパス・コミューターだ。 XTZ シリーズの末弟にふさわしく、ゆとりのあるフルサイズの車体と新たに設計されたシンプルで堅牢な4ストローク単気筒エンジンを持ち、普通自動二輪小型限定免許によってタウンライドからツーリング、そしてスポーティーな走りまで幅広い走りを楽しむことができる。

シンプル&スムーズな4ストロークエンジン

パワーユニットは、ブラジルで生産される扱いやすいフラットなトルクと軽やかな吹け上がりを見せるコンベンショナルな4ストローク、SOHC 2パルプ単気筒エンジン。
セル・キック併用でバッテリー上がりなどセルモーターが使えない場面での始動性を向上。日々の扱いやすさを最大限引き出し優れた静粛性と低燃費を実現しながら、スポーツライドでは5速のワイドレシオミッションとの組み合わせにより、必要かつ充分なパワーとレスポンスを提供している。

フルサイズの本格的な車体まわり

フレームは剛性バランスに優れたスチール鋼管製ダイヤモンドタイプ。デュアルパーパスとしてオフロードの走破性を求めた最低地上高を確保している。
サスペンションは、フロントに充分なストロークを確保したブーツ付きテレスコピックフォークに、リアはスチール製角形断面のスイングアームには、ピボット部にグリースニップルを設け、アクティブ・モノクロスサスペンションを採用。
またフロントに小型・軽量で充分なストッピングパワーを発揮する油圧シングルディスクブレーキを、リアには大径ドラムブレーキを配し、安定した操縦性と走破性を実現している。

ヤマハ・オフロードシリーズの堂々たるスタイリング

フューエルタンクと一体化されたサイドパネルは、ヤマハ・オフロードシリーズの一員として共通のデザインを採用。空気の流れと剛性を考えた形状のフロントフェンダー、体重移動のしやすいシート、タンクからの流れを受け継ぐサイドカバーと真っ直ぐ伸びやかなテール&リアフェンダー、シャープなグラフィックなども同じく、その機能性を誇る意匠となっている。

価格・仕様諸元

参考価格

XTZ125E

¥365,040

(本体価格¥338,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(除く消費税)、登録に伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。

年式
2008
仕向地
中南米
全長/全幅/全高
2,090×810×1,125mm
シート高
840mm
軸間距離
1,340mm
車両重量
104kg
原動機種類
4ストローク・空冷・SOHC・2バルブ
気筒数配列
単気筒
総排気量
124 cm3
内径×行程
54.0×54.0mm
最高出力
9.2kW(13PS)/8,000rpm
最大トルク
11.6N・m(1.18kgf・m)/6,500rpm
始動方式
セル/キック併用
燃料タンク容量
10.6L
二次減速機構
チェーンドライブ
二次減速比
48/14(3.429)
変速機形式
リターン式5段
タイヤサイズ(前/後)
80/90-21MC(48T)/110/80-18MC(58T)
ブレーキ形式(前/後)
油圧シングルディスク/機械式ドラム
懸架方式(前/後)
テレスコピックフォーク/スイングアーム
オプションスペック
イモビライザースイッチ:−
ハザードランプ:−
スピードメーター:km/h

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります

ユーザーレビュー

XTZ125E
XTZ125E

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:0

  • レビューは登録されていません

PAGETOP