取扱モデル
Product Lineup

XVS1300A

積極的な走りを楽しめるスポーティーな走行性能と重厚な外観を合わせ持ったミドルクルーザー、XVS1300A。

プレストコーポレーション完売モデル〜在庫に関しては各YSPへお問合わせください〜

特徴・各部詳細説明

積極的な走りを楽しめるスポーティーな走行性能と重厚な外観を合わせ持ったミドルクルーザー、XVS1300A。

積極的な走りを楽しめるクルージングパフォーマンスと幅広いニーズに応える性能、そして高品質で魅力ある外観が所有感を満たしてくれるミドルクルーザー、それがXVS1300Aだ。

水冷ハイパフォーマンスVツインエンジン

ビッグボア100mm×ストローク83mm、1304ccの排気量を持つ水冷4ストローク4バルブ、300度/420度の不等間隔爆発の60度Vツインエンジンを搭載。不快な振動を低減するコンパクトな左右分割式1軸バランサー、電子制御フューエルインジェクションとの組み合わせにより、空冷エンジンと比べコンパクト化と高出力化を実現しつつ、パルス感溢れる優れた動力性能を手に入れている。
水冷化に伴う補器類は、クランクケース内に納められたウォーターポンプ、エンジン前方に位置するフレームのダウンチューブ間に配置したラジエターなど、全体に目立たないようにしてエンジン廻りの美しさを際立たせ、クルーザーに相応しい造形美を醸し出している。

スーパースポーツ並みの運動性能を備えたシャシーと脚廻り

低く構えたリジッド風フレームワークのスチール製ダブルクレードルフレームは、エンジンヘッド側1点とケース側3点でリジッド懸架することでエンジンを車体ストレスメンバーとして積極的に活用し、優れた剛性バランスを実現。また、ロングリヤアームによりホイールベースを1,690mmとして、前輪荷重配分を前後48:52に設定。スーパースポーツモデルに匹敵する軽快なキレの良さと、クルーザーらしい落ち着いたハンドリング特性を両立させている。
サスペンションでは、フロントにインナーチューブ径41mmの正立式高剛性タイプを、リヤはリンクを介したモノクロス式サスペンションとして、ストローク長を詰めつつも心地よい減衰感を実現している。
フロントホイールには130/90-16サイズのタイヤと298mmの大径ダブルディスクブレーキ、リヤホイールには170/70-16サイズのタイヤと298mmの大径シングルディスクブレーキを装備し、スポーツモデルと同等の強力な脚廻りを装備している。
また、より安心感を高める装備としてUBS(Unified Brake System)を装備。UBSは前後ブレーキが連動して作動することで雨天時など路面が滑りやすい状況でも車体を安定させ、最適の制動力を発揮する。

高い質感を持つエクステリアデザイン

ボディデザインのコンセプトは「ワイルド・ストリームライン」。低いフォルムを際立たせる異形ボディのヘッドライトケースとレンズに、ストレッチされたフューエルタンク、ハンドルポスト部にマウントされる透過光式小型アナログメーター、スチール製で質感の高い前後フェンダーを装備し、各部とも高い質感をもった仕上がりを実現している。
また、タンクモールやリヤフェンダーステー、ヘッドライトボディやディスクローター内側をブラックフィニッシュとすることで、時代に左右されない重厚感な雰囲気を醸し出している。

カラーバリエーション

価格・仕様諸元

参考価格

XVS1300A

¥1,242,000

(本体価格¥1,150,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(除く消費税)、登録に伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。

年式
2014
仕向地
南アフリカ
全長/全幅/全高
2,490×995×1,145mm
シート高
690mm
軸間距離
1,690mm
最低地上高
145mm
車両重量
304kg
最小回転半径
3.5m
原動機種類
4ストローク・水冷・SOHC・4バルブ
気筒数配列
V型2気筒
総排気量
1304 cm3
内径×行程
100.0×83.0mm
圧縮比
9.5:1
最高出力
53.5kW (72.7PS)/5,500r/min
最大トルク
106.0N・m (10.8kgf・m)/4,000r/min
始動方式
セル式
潤滑方式
ウエットサンプ
エンジンオイル容量
3.7L
燃料タンク容量
19L
燃料供給方式
電子制御フューエルインジェクション
点火方式
TCI
一次減速機構
ギヤ
一次減速比
1.556 (70/45)
二次減速機構
ベルトドライブ
二次減速比
2.333 (70/30)
クラッチ形式
湿式多板
変速機形式
リターン式5段
変速比
1速 2.769 (36/13) 2速 1.778 (32/18) 3速 1.381 (29/21) 4速 1.115 (29/26) 5速 0.960 (24/25)
フレーム形式
ダブルクレードル
キャスター/トレール
32.40°/145mm
タイヤサイズ(前/後)
130/90-16M/C(67H)/170/70B16M/C(75H)
ホイートラベル(前/後)
135mm/110mm
ブレーキ形式(前/後)
油圧ダブルディスク(外径298mm)/油圧シングルディスク(外径298mm)
懸架方式(前/後)
テレスコピックフォーク/スイングアーム
緩衝装置(前/後)
コイルスプリング/オイルダンパ/コイルスプリング/ガス・オイルダンパ
オプションスペック
イモビライザースイッチ:○
ハザードランプ:○
スピードメーター:km/h

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります

ユーザーレビュー

XVS1300A
XVS1300A

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:1

  • スタイルは確かに美しい。しかし鼓動感は無し。

    スタイルは確かに美しい。しかし鼓動感は無し。

    2016/10/09ニックネーム:せんちゃん
    平均燃費:街乗り時 13km/L  ツーリング時 16km/L

    スタイルは確かに美しい。しかし鼓動感は無し。

    購入したきっかけは?

    ホンダ シャドウクラシック400が素晴らしかったので。
    その後継ステップアップとして。 

    利用状況について

    週末のチョイ乗りやツーリングオンリー。 

    好きな点、満足している点

    ①スタイリング。ハーレーには無い国産バイク独特の精密感、と気品、そして何より2014年モデルとなって、塗色が素晴らしい。そしてワイド&ロー。100点満点。
    ②重心の低さ。シャドウクラシックでは立ちごけしましたが、1300Aではまだ( ;∀;)
    この二点に尽きる。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    ①セカンドギアの使い辛さ。クルーザータイプは発進後早くギアを上げたいもの。そのなのに、2速の「守備範囲」40kmから。国道では逆に2速の守備範囲が広く有難い時もあるが、
    市街地をゴーストップするにはホントにうっとうしい。使い辛い。マイナス100点付けたいほど。
    ②エンジンの鼓動感のなさ。ハーレーに比べると0点。
    シャドウクラシックの方がドコドコ感あって楽しかった。
    このバイクのエンジンに鼓動感を求めてはいけない。(ま、ショートストロークですし)
    アメリカのハイウェーを130kmで飛ばすバイクですから。仕方ない?
    せめて日本で売るなら、セカンドギアを何とかしてほしかった。
    アメリカンに鼓動感を求めているならこのバイクは選んじゃダメ。 

    あなたの愛車に関するコネタ

    50歳過ぎのリターンライダー。若いころの記憶に惹かれて買ってはみたものの、国内では400ccがベスト!ホントにそう思うこの頃です。見栄で大型バイクは買ってはダメですね。
    50代になると経済力も出来て買っちゃうんですけどね。みなさんも。 

    役に立った:16

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP