1. ホーム
  2. 取扱モデル
  3. BOLT Cスペック
取扱モデル
Product Lineup

BOLT Cスペック

“Powerful×Stylish Cafe Style”
BOLT C-Spec

特徴・各部詳細説明

スタイル、きめる。

走るなら、もっと気軽に、ずっと快適に。
毎日の生活の中で、パワフルかつスポーティに楽しんでみたい。
スタイリッシュさと走りを感じさせる、水平基調のシルエット。
そこに組合せた、素材感豊かなコンポーネント。
さらに、自分自身の好みのスタイルに仕立て上げる悦びも。
ここに、BOLTから生まれたもうひとつの新しい楽しみ方がある。
“Powerful×Stylish Caf? Style” ? BOLT C-Spec
退屈は、欲しくない。

BOLTベースの“カフェスタイル”を提案

スリムかつスポーティ感あふれるシート、バックステップ配置のフットレスト、クリップオン式ハンドル。このコンビネーションにより、ライダーがやや前傾したスポーティなライディングポジションを実現。BOLT C-Specならではのカフェスタイルを楽しめる。

個性を主張する2つのカラー

クラシックなライトブルーを基調とした、ペールブルーメタリックJ(ブルー)。マテリアル感、クオリティ感の強いマットグレーメタリック3(マットグレー)の2タイプをラインナップ。ともにタンク上にはストライプをあしらい、リアフェンダーをブラックアウト。カフェスタイルらしいスポーティイメージを強調している。なお、ABS装備車※を設定。

※ABSは制動距離を短縮するためのシステムではありません。 コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

シンプル&スポーティなフロント周り

アルミ鍛造セパレートハンドルを装着し、フラッシャーはアンダーブラケット懸架に。またフロントサスペンションはインナーチューブ長を最適化し、フロントフォークブーツを装備。

カフェスタイルのスポーティなライディングポジション

ライディングポジションに合わせ、メーターはヘッドライト上に設置。マスターシリンダー、左右レバー、ハンドルスイッチ類は小型タイプを採用し、アルミ製プレートを装着。タンクにはストライプのグラフィックを配し、スポーティイメージを演出。

力強い走りを支える空冷60度Vツインエンジン

市街地での快適で軽快なドライバビリティを実現するとともに、ボディの塊感と疾走感をアピール。ワンポイントでVバンクカバーを装着。

スポーティイメージをより強調するリアサスペンション

ゴールドのリザーバータンク付。カフェスタイルに合わせ、サスペンションのロッド長を最適化し、快適な乗り心地に貢献。

モダンかつスタイリッシュなリア周り

丸型LEDテールライトを装着。カフェスタイルを印象づける新デザインのシートを採用。またアクセサリーでシートカウル※を設定。

※別売/取扱い 株式会社ワイズギア

価格・仕様諸元

参考価格

BOLT Cスペック ABS

¥1,028,160

(本体価格¥952,000)

参考価格

BOLT Cスペック

¥977,400

(本体価格¥905,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(除く消費税)、登録に伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。
  • [ ]内はABS装着車

認定形式/原動機打刻形式
EBL-VN04J/N605E
全長/全幅/全高
2,295mm×775mm×1,160mm
シート高
765mm
軸間距離
1,570mm
最低地上高
135mm
車両重量
247kg [251kg]
燃料消費率 *1 国土交通省届出値定地燃費値 *2
30.0km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率 *1 WMTCモード値 *3
21.5km/L(クラス3, サプクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類
空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
気筒数配列
V型2気筒
総排気量
941 cm3
内径×行程
85.0mm×83.0mm
圧縮比
9.0:1
最高出力
38kW(52PS)/5,500r/min
最大トルク
80N・m(8.2kgf・m)/3,000r/min
始動方式
セルフ式
潤滑方式
強制圧送ウェットサンプ
エンジンオイル容量
4.3L
燃料タンク容量
12L
燃料供給方式
フューエルインジェクション
点火方式
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式
12V, 11.2AH(10H)/YTZ14S
一次減速比
1.674
二次減速比
2.333
クラッチ形式
湿式多板
変速機形式
常時噛合式5段
変速方式
リターン式
変速比
1速 3.066 2速 2.062 3速 1.578 4速 1.259 5速 1.041
フレーム形式
ダブルクレードル
キャスター/トレール
29°00′/130mm
タイヤサイズ(前/後)
100/90-19M/C 57H (チューブレス)/ 150/80B16M/C 71H (チューブレス)
ブレーキ形式(前/後)
油圧式シングルディスク/油圧式シングルディスク
懸架方式(前/後)
gu
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ
ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
乗車定員
2名

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります。

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
WMTCモード値については、日本自動車工業会ホームページ(http://www.jama.or.jp/motorcycle/)もご参照ください。

ユーザーレビュー

BOLT Cスペック
BOLT Cスペック

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:1

  • バイクってかっこいいんだぜ。を地でいったバイク。

    バイクってかっこいいんだぜ。を地でいったバイク。

    2016/09/11ニックネーム:ヒロッシ
    平均燃費:街乗り時 22km/L  ツーリング時 25km/L

    バイクってかっこいいんだぜ。を地でいったバイク。

    購入したきっかけは?

    大型を取って悩んだ末、格好良さを優先した。 

    利用状況について

    ツーリングのみ。
    ツーリングメインなら他に楽そうなのが多々あったが、格好良さを優先した。
    二ヶ月で2000走った今も、バイクに格好良さを優先しないのは妥協で、それは後悔に繋がると毎日実感している。
    タンクの量による不満は思ったより無い。
    有り余るトルクは楽すぎる。エンジンブレーキを多用する街中では2速でも足りてしまう。 

    好きな点、満足している点

    とにかく格好良い。
    セパナンのこの独特なポジションはやや前屈かつ股が開き気味になる。初めは違和感があるが100キロで慣れた。むしろ自然にニーグリップになるので安定する。その安定はハンドリングのヤマハという言葉を思い出し実感した。言われるステップの位置も100キロでこれしか無いと思った。
    自分は腰痛もちだが、1日500キロ(内高速は200キロ)走っても問題なかった。(むしろ地面と垂直に近く座るノーマルのボルトだと痛くなる確信がある)
    空冷エンジンは止まればとんでもなく暑いが、走って5秒でその暑さは炎天下でも吹き飛ぶ。いくら低速でも走っていれば熱くない。以前のバイクは水冷で、炎天下では高速で走っていても地獄のように暑かった。とても嬉しい誤算。
     

    嫌いな点、不満に思っている点

    問答無用で格好良いため嫌いなところはない。
    不満は2つ。ステップとギアレバーの間隔が狭い事。平らな靴なら良いのだが、つま先にスチールが入っているエンジニアブーツだと上げにくい。せめて1センチ広ければと思う。慣れるまで700キロかかった。
    ノーマルのタンク色が好みではなかった。自分のボルトはタンク交換である。  

    あなたの愛車に関するコネタ

    話しかけられる時、大抵これはなんですかと聞かれる。ノーマルでこれなのかと。
    そうですよと答えるとヤマハってやる時はやりますよね見たいな事を言われます。
     

    役に立った:11

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP