取扱モデル
Product Lineup

FJR1300AS/A

ロングツーリングは、さらに愉しく、快適に。

特徴・各部詳細説明

ロングツーリングは、さらに愉しく、快適に。

もっと遠くへ、遥か彼方へ。
その一台は、果てなき地平へ、さらにその先へとライダーの心を駆り立てる。

長距離を高速で、しかも快適に移動する高い巡航性能。
目的地までの道程を心ゆくまで愉しめる、俊敏な操縦性。
その類い稀なパフォーマンス、
そしてスポーツツアラーとしての資質を、さらに磨き上げた。
「より快適」を求め、
6速トランスミッション、A&Sクラッチ※1を。
「さらに新しく」を極め、
フロント&リアLEDランプ、コーナリングランプ※2を。
ゆったりと寛げるその心地よさと、
悠々と駆け抜ける愉しさをいっそう深めて。
ロングツーリングに、いま、新たなステージを拓いた。

迎えた、週末。
街を抜け、ワインディングを愉しみ、さあ彼方の目的地へ。
待ち続けていた、ついにその時。
さあ、新しいFJR1300とともに、次の旅へ。

※1 FJR1300Aに装備 ※2 FJR1300ASに装備

水冷・DOHC・直列4気筒・1,297cm3・フューエルインジェクション搭載エンジン

79.0×66.2mmのボア×ストローク、10.8:1の圧縮比から優れた出力・トルク特性を獲得。軽量鍛造ピストン、優れた放熱性を誇る直メッキシリンダーと低張力ピストンリング、またコンパクト設計に貢献するサイドカムチェーンや快適性をもたらす2軸バランサーなどを装備している。

快適な高速巡航を支える6速トランスミッション

ヤマハ初※となるセパレートドッグ構造・コンパクトな6速トランスミッションを採用。現行サイズを維持したまま6速化を実現し、構成部品増加にもかかわらずおよそ400g(トランスミッション単体)の軽量化もあわせて達成している(2015年モデル比)。トルクを効率よく駆動力に反映するよう各ギアを設計、全域で繋がりのよいギアレシオとした。

※2016年6月現在

優れたドライバビリティを引き出すYCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)

ECUユニットがライダーのアクセル操作を検知し、最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算。モーター駆動でスロットルバルブを作動させることで、吸入空気量をキメ細かく調整し、滑らかなトルク特性を獲得。ライダーの微妙な感覚に反応し、優れたドライバビリティを実現している。

滑らかな発進性をサポートするTCS(トラクション・コントロール・システム)

発進・加速時に後輪のスピン兆候が検知されると、点火時期・燃料噴射量・YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)を統合制御し、滑らかな発進性・走行性を支援する。オン/オフの選択が可能。

好みに応じて2つのエンジン特性を選べるD-MODE(走行モード切替システム)

走行環境やライダーの好みにより、「Tモード」(長距離ツーリングや市街地での扱い易さを重視したモード)、「Sモード」(パワー感・スポーティな走行フィーリング・操る喜びを楽しめるモード)を選択できる。右側ハンドルにあるスイッチ操作により選択可能。

フロント&リアサスペンション

FJR1300ASでは、電動調整サスペンションを搭載。フロントの減衰力、リアのイニシャル・リアの減衰力を統合的にバランスさせ、自動設定。また調整は多機能ハンドルスイッチにより、ドットマトリックス表示メーターを確認しながら行なえる。設定は、「1人乗り」「1人乗り+荷物」「2人乗り」「2人乗り+荷物」の4パターン。それぞれに「ソフト」「スタンダード」「ハード」から減衰力を選択、さらに7段階(0~±3)に微調整でき、トータルで84通り(4×3×7=84)の調整が可能。ツーリング先で荷物が増えた時や、路面の状況が変化した時も簡単に調整ができ、ツーリング時の快適性向上に寄与している。あわせてフロントサスペンションは、左右独立減衰力機構を備える倒立式。圧側減衰を左側フォーク、伸側減衰を右側フォークで発生させ、伸圧でシリンダーサイズの最適化を図ることで、連続作動時でも安定した性能を発揮。優れた車体剛性に寄与し、タイヤやリアサスペンションのリンク特性最適化などとの相乗効果により、剛性感に支えられたスポーティなハンドリングに貢献する。

FJR1300Aには正立式フロントフォークを装備。3メタルスライド式で、アルミ製ピストンロッドやアルミ製プランジャーなどを装着し、軽量化を図りながら円滑な摺動性を確保している。リアサスペンションも、減衰特性とスプリングレートのバランスを最適化。「ソフト」「ハード」を手動で簡単に切替え可能で、とりわけ2名乗車時及び積載時の優れた乗り心地を実現している。

アルミ製ダイヤモンドフレーム

アルミ製ダイヤモンドフレームにより、軽量化と剛性バランスの最適化を達成。とりわけ高速走行での高い安定性とスポーツ性の両立に貢献している。

高い操縦安定性に貢献する専用タイヤ

高い耐摩耗性と優れた運動性能を備える専用タイヤ。パターン・構造・コンパウンドなどのバランスを、FJR1300AS/Aそれぞれの車両特性にあわせて最適化。サスペンション設定との相乗効果で、より高次元なドライバビリティと操縦安定性に貢献している。

リニア制御ABS※&ユニファイドブレーキシステム

さまざまな路面状況下でも、タイヤ本来の性能をフルに発揮させることを狙いに開発した、リニア制御ABS※を搭載。前後ホイールセンサーから受け取る回転信号を、ECUで瞬時に解析。ブレーキの油圧系を最適に制御してホイールロックを抑制する。なおブレーキ油圧調整は無段階で油圧を調整し、スムーズな制動感を実現。またライダーのブレーキ操作をサポート、優れたブレーキフィーリングとマシンの挙動安定化に貢献する、ユニファイドブレーキシステムを装備している。

※車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

多彩な機能を簡単に操作できる多機能ハンドルスイッチ

多彩な機能をシンプルかつ総合的に操作するため、多機能ハンドルスイッチを装備。グリップウォーマーの強弱調整、電動スクリーン調整、メーター表示内容切替えなど、各種操作や調整が簡単に操作可能。また、エンジンストップスイッチとスタートスイッチは一体式。

新型・LEDデュアルヘッドランプ&LEDリアコンビネーションランプ

軽量コンパクトで耐久性に優れた、新型LEDデュアルヘッドランプを採用。FJR1300AS/A、それぞれの個性化を図った専用デザインとした。また、リアコンビネーションランプ、ライセンスランプなどにもLEDを採用。デザインを一新するとともに、低消費電力化と先進性・高級感もあわせて演出している。

夜間走行をサポートするLEDコーナリングランプ [FJR1300ASに装備]

FJR1300ASでは、ヘッドランプ上段にヤマハ初※のLEDコーナリングランプを装備。走行中、浅いバンク角ではイン側のコーナリングランプの1個が点灯、バンク角が深くなるにつれて2個目、3個目が追加点灯。照射エリアを広げることで、夜間走行でのライダーの負担軽減に貢献する。

※2016年6月現在

ダイナミックなボディデザイン

「秘めた力を感じる表情」と「惹きつけられる洗練された高級感」をコンセプトに、高級感とスポーツ性能を視覚で訴える新たなボディデザインを採用。フラッグシップモデルとしての高品質感をさらに磨き上げた。ボディカラーは、FJR1300AS/Aとも、エレガントさと、精密さ・精度感を醸し出すマットシルバー1(マットシルバー)を新たに設定。高品質感を深みのあるカラーで表現した、ダークグレーメタリックN(ダークグレー)を引き続きラインナップした。

ツーリングをより快適にサポートするYCC-S(ヤマハ電子制御シフト[FJR1300ASに装備])

クラッチレバーがなく、変速操作は左足のシフトペダルと左スイッチボックスにあるシフトレバーのどちらでも変速が可能。「クラッチを握る・半クラッチ操作・アクセル調整・クラッチレバーを離す」という操作からライダーは解放され、快適な走行性を実現した。また、オン/オフ選択可能な「STOP MODE」シフト機能を装備。市街地での渋滞、信号などでの停止時において、車速・エンジン回転数・使用ギアの情報を検知して自動的に1速になり、停止時のシフトダウン操作が不要となる。

市街地での軽快な走りに貢献するA&Sクラッチ [FJR1300Aに装備]

穏やかな車体挙動と、軽いクラッチ操作荷重を実現するため、アシスト&スリッパー(A&S)クラッチを新たに採用。シフトダウン時等、バックトルク発生時の車体挙動緩和による快適性や、軽いクラッチ操作荷重による市街地での快適な走りに貢献している。

スポーツツアラーに優れた快適性をもたらすスクリーン&フロントカウル

スクリーン、フロントカウル(アッパー&アンダー)、センターダクトを装備。スクリーンは電動で上下130mmの間でスライド可能な「曲線2本レール式」の駆動ユニットにより、スピーディな昇降・停止を実現した。ワンピース型のアッパーカウルとアンダーカウルは、クオリティ感はもちろん足周りのウインドプロテクション効果も発揮。さらに、高速走行時の快適性に貢献するセンターエアダクトを装着。エア取り込み、および出口の形状を最適設計し、とりわけエアの排出はメーターパネルの上側からスクリーンに沿った流れとし、高速走行時に感じるライダーの負圧感を低減。乱気流により身体が振られるような圧力を低減し、穏やかな居住空間を作り出している。ライダー、タンデムライダーともに、ツーリングシーンでの優れた快適性をもたらしている。

高速ツーリングでの快適性を向上するクルーズコントロールシステム

3速以上で、約50km/hから100km/hまでの走行時にセット可能。クルーズコントロール設定後の速度の昇降は、スイッチのワンプッシュ操作で2km/h毎、押し続けることで連続昇降させることができる。またキャンセルは、ブレーキ操作、クラッチ操作、スロットルグリップ操作などで可能。さらにキャンセル後でも、再び直前の設定速度に戻して定速走行できるレジューム機能(スイッチ操作)も備えている。

新デザインの3連マルチファンクションメーター

メーターベース色をガンメタとし、書体を一新。スポーティながらも高級感あるデザインとした。左から(1)アナログ式タコメーター(2)デジタル式スピードメーター(3)マルチドットディスプレイが並ぶ3連構造。また右側の多機能型・ドットマトリックス表示は、マシン状況や走行データはもちろん、ライダーの好みや使用状況により表示内容のカスタマイズも可能。さらに環境への配慮から、スロットルコントロール時に点灯するECOインジケーターも装備している。

その他の主な特徴

ハンドルポジションは、ライダーの好みに応じて3段階・前後30mmの範囲で調整可能。またメインシートは2ポジション、高さ20mmの範囲で調整できる。さらに電磁ロックアクセサリーボックス(12VDC電源内蔵、容量1リットル)に加え、盗難を抑止するイモビライザー※も装備している。

※イモビライザーはあくまでも盗難抑止を目的とした装備であり、盗難を完全に防止するものではありません。 収納部には熱の影響を受けやすいもの、こわれやすいもの、貴重品は入れないでください。また、収納物の形状・大きさにより収納できない場合があります。ご購入の際、ご確認ください。

価格・仕様諸元

参考価格

FJR1300AS

¥1,836,000

(本体価格¥1,700,000)

参考価格

FJR1300A

¥1,512,000

(本体価格¥1,400,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(除く消費税)、登録に伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。
  • [ ]内はFJR1300A

認定形式/原動機打刻形式
2BL-RP27J/P518E
全長/全幅/全高
2,230mm/750mm/1,325mm
シート高
805mm(低い位置・出荷時)825mm(高い位置)
軸間距離
1,545mm
最低地上高
125mm〈130mm〉
車両重量
296kg〈289kg〉
燃料消費率 *1 国土交通省届出値定地燃費値 *2
24.6km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率 *1 WMTCモード値 *3
16.6km/L(クラス3 サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類
水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列
直列, 4気筒
総排気量
1297 cm3
内径×行程
79.0mm×66.2mm
圧縮比
10.8:1
最高出力
108kW(147PS)/8,000r/min
最大トルク
138N・m(14.1kgf・m)/7,000r/min
始動方式
セルフ式
潤滑方式
ウェットサンプ
エンジンオイル容量
4.90L
燃料タンク容量
25L
燃料供給方式
フューエルインジェクション
点火方式
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式
12V, 12.0Ah(10HR)/GT14B-4
一次減速比
1.562
二次減速比
2.693
クラッチ形式
湿式, 多板
変速機形式
常時噛合式6速
変速方式
リターン式
変速比
1速 2.500 2速 1.722 3速 1.350 4速 1.111 5速 0.962 6速 0.846
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター/トレール
26°00′/109mm
タイヤサイズ(前/後)
120/70ZR17M/C (58W) (チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W) (チューブレス)
ブレーキ形式(前/後)
油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後)
テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ
LED/LED
乗車定員
2名

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります。

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
WMTCモード値については、日本自動車工業会ホームページ(http://www.jama.or.jp/motorcycle/)もご参照ください。

ユーザーレビュー

FJR1300AS/A
FJR1300AS/A

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:4

  • 非常によくできたバイクだと思います

    非常によくできたバイクだと思います

    2016/10/16ニックネーム:らーめんぱん
    平均燃費:街乗り時 16km/L  ツーリング時 22km/L

    非常によくできたバイクだと思います

    購入したきっかけは?

    今まで乗っていたCB1300STが58,000km強走り、5年目の車検を迎えるので買い換えることにしました。
    チェーンメンテナンスが大変だったこともあり、シャフトドライブ車にしようと思い、まずホンダを検討。
    VFR、CTXを候補にしたものの、何となくピンとこないので、ヤマハで何かないかと思っていたらFJRを見つけ、これしかない!とない、と思ったことがきっかけです。 

    利用状況について

    主に片道25kmの通勤で使用、週末にぶらっと妻とタンデムツーリング。 

    好きな点、満足している点

    デザインはドンピシャではまりました。大好きです。
    クラッチレスも非常に楽ですし、かと言ってオートマではなくマニュアルと同様にシフト操作はしなければなりません。
    速度に応じてシフトダウンはしてくれますが(これもまた便利)お節介的に介入してくることはありません。
    電動スクリーンもやはり便利で、少し気温が下がった朝、高速走行時にスクリーンを上げて走りました。当方178cmなのですが、頭の部分に風が当たる程度で寒くもなく、風圧も軽減され楽に走行ができました。特に風の巻き込みも感じられませんでした。
    コーナーリングライトは暗い夜道では見たい先を照らしてくれるので見易いです。
    あと便利なのがグリップウォーマー、サスの調整です。ソフト目で設定してあげると乗り心地もいいと思います。
    意外だったのが排気音で、そこそこ低音が効いた、いい音がします。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    アフターパーツが圧倒的に少ないです。メンテナンスパーツにしても社外品の選択肢が少なかったりと、自由度は狭いです。
    低速でギクシャクすることがタマにあります。これは慣れの問題もあると思います。
    小物入れは両側に欲しかったですね。ソケットから電源を取ると入る量が限られます。
    あと強いて言えば、スクリーンを上げた状態で、ヘルメットのシールドを上げると違和感というか、ヘルメットを風で持って行かれるような感じで気持ちよく走れませんでした。少し伏せると問題はありませんでしたが。 

    あなたの愛車に関するコネタ

    納車時にカウリングのパネルをシルバーに変えてもらいました。
    地味な変更点ですが、すごく気に入っています。 

    役に立った:44

    このレビューは参考になりましたか?

  • FJR1300A 2016の感想は?

    FJR1300A 2016の感想は?

    2016/08/25ニックネーム:それ行けアンポンタン!
    平均燃費:街乗り時 16km/L  ツーリング時 20km/L

    FJR1300A 2016の感想は?

    購入したきっかけは?

    十年乗ったXJR1300よりツーリングに最適なFJR1300に乗り換え。 

    利用状況について

    ツーリングがほとんど。 

    好きな点、満足している点

    1)full LEDという事でXJR1300よりかなり明るい。
    2)一度走り出せば車体の重さなどは感じられないほどの軽快感。
    3)燃費もツーリング時にL20〜22kmと比較的走る。
    4)センタースタンドも軽く掛けられるように工夫されている。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    やはりXJR1300と比較すると流石に重い。パニアケースとトップケースを取り付けると、大人一人分の重量の、増加になる。
    走り出せば普通ですが。 

    あなたの愛車に関するコネタ

    センタースタンドの外し方。

    XJR1300ほどのバイクであればあまり気にする事はありませんでしたが、300kgを超えるバイクはセンタースタンドのかけ方や外し方にもコツがありますね!

    スタンドのかけ方はXJR1300と同じくらいの軽さで掛けられますが、外すときは車体の重さ故かなり躊躇します。

    自分もおっかなびっくりで、外しでましたが、一つコツを覚えると安心して外す事が出来ました。

    まず、
    1)ギアーを1速に入れ
    2)サイドスタンドを立てます。
    3)ハンドルを右に切って
    4)軽くセンタースタンドを外す。

    ハンドルを右に切ってセンタースタンドを外す事で
    重心が左に来ますので、車体が左に傾きます。

    静かにサイドスタンドに車体を預けて完了です。

    あまりセンタースタンドを掛ける機会が無いと思いますが
    是非お試しを〜
     

    役に立った:45

    このレビューは参考になりましたか?

  • 重いっ!重いケド・・・

    重いっ!重いケド・・・

    2016/08/05ニックネーム:勇者かまぼこ
    平均燃費:街乗り時 16km/L  ツーリング時 23km/L

    重いっ!重いケド・・・

    購入したきっかけは?

    快適にロングツーリングできる そこそこスポーツ走行も楽しめるバイクを探していたら1400GTRかFJRの二択になってました 
    今回のモデルチェンジをきっかけにこちらに決定 

    利用状況について

    週末のツーリングに使用 

    好きな点、満足している点

    現物は想像しているよりデカくて重かったw
    しかし、その大きさゆえの存在感や安定性のおかげでむしろ所有感すら感じる
    Tモードで走り出せば扱いやすいマイルドなレスポンス。Sモードではクイックな反応と暴力的なまでの加速。国産屈指の電子デバイス群により、今乗れるバイクの中でも最も最先端にあるといっても過言ではない・・と思う
    実際ツアラーというカテゴリの中ではこのバイクに並ぶ車種はそうそう無いかと。
    高速巡航時の風圧が殆どない。ちょっと異常なレベルw今までベタ伏せで必死に風に耐えてアクセル捻ってたのに、こちらは上体起こして鼻歌まじりに快走しつつ更に余裕がある。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    ハンドルバーの形状が特殊なのでナビやレーダーを取り付けるのに一苦労する (取り付けステーの種類が限られる)カウル左側の小物入れがかなり小さい またシガーソケットも小物入れの中にあるため更に小さく感じる シガーソケットを使用していた場合、シガープラグにもよるがタバコが一箱入るかどうか・・というレベル  スマホ、タバコ、小銭入れなどを入れるつもりならどれかひとつだけしか・・・。
    ユニファイドブレーキシステム のオンオフスイッチが欲しかった・・・コーナー手前の強めのブレーキングで前後連動ブレーキが働くとフロントサスの沈み込みが判り難いためフロントの加重の調整が難しい。ASにあってAには無いデバイスがある クラッチ付きのFJR1300Aを選ぶとコーナリングライトや電動調整サスなどは諦めなければならない・・欧州や欧米のラインナップにあるAEのようなモデルが欲しかった
     

    あなたの愛車に関するコネタ

    暗い夜道では左手側にあるスイッチ類が見えなくなる為、慣れないと操作ミスをする事がある(クルーズコントロール押そうとしてホーンを鳴らしてしまったり、ハイ、ロービームの切り替えボタンを探しまくってパッシングしてしまったりw) 

    役に立った:41

    このレビューは参考になりましたか?

  • 乗り比べ

    乗り比べ

    2016/08/01ニックネーム:ナベさん(所有2015年式FJR1300AS)
    平均燃費:街乗り時 18km/L  ツーリング時 22km/L

    乗り比べ

    購入したきっかけは?

    マジェスティー250に乗ってましたが、昔乗っていたリッターバイクの体感が恋しくなった時に、BSの番組でYSP仙台が紹介されていたので迷うことなくお店に直行!まさかフラグシップのFJRに試乗させてもらえるとは夢にも思ってなくて舞い上がってしまい(笑)走行してみたら想像以上のハンドリングのしやすさと官能的なパワーフィーリングで惚れました(笑) 

    利用状況について

    いつでも乗りたいので通勤で使用してます。他にはYSP仙台主催のツーリングとRevQuestのチャレンジツーリングで南東北三県走ってます。チェックイン数100ヶ所クリアしたので東北制覇を目標に北東北三県にコツコツと進めていきたいです。 

    好きな点、満足している点

    距離が乗れるための装備(オートクルーズやタンク容量等々)やオプションのサイド・トップケースをつけたため、遠慮なく・思い立ったら走りに行けるバイクでもあるし、タンデムしても車格があるので安定して走れるなと色々あるけど、何よりも一番は美しいフォルムで見入ってしまうところかな。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    大きくて重いので取り廻しは慎重かつ丁寧に!最初の頃は筋肉痛になりました(笑) 

    あなたの愛車に関するコネタ

    小ネタではないけど、私所有の2013年式ASと2016年式AS(試乗車)を乗り比べてきました。想像では6速化でより高速ツアラーよりに色濃くなるのかと思って乗ってみたら大間違い。各ギアのつながりがシームレスに感じられシフトアップはもちろんのことシフトダウン時のショックも軽減され熟成感があり3~5速での使い勝手も良くなった感触です。ハンドリングも中低速でカーブ抜けていく際のリアタイヤの切れ込みが感じられ軽快さがありました。 

    役に立った:42

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP