取扱モデル
Product Lineup

MT-07

この軽さが、スポーツになる。

特徴・各部詳細説明

この軽さが、スポーツになる。

もっと気軽に、もっと愉しく。
ここには、数値だけでは語りきれない、新しいスポーツの世界があります。
跨がった瞬間に感じ取れる、軽く、スリムでコンパクトなボディ。
走りだせば、全域にわたって滑らか、かつトルクフルな2気筒エンジン。
それは、ライダーのスロットル操作に対しリニアなトルクを創りだす設計思想
“クロスプレーン・コンセプト”に基づき、開発された。
ゆったりと鼓動を味わう走りから、意のままに操れる俊敏かつ力強い走りまで。
そこには毎日、誰もが日常的に体感できる、新しい愉しさがあります。

街で、ワインディングで。ベテランはもちろん、エントリーライダーも。
MTワールドの楽しみを伝える1台、MT-07。
あなたを、さり気なく“Sports Passion”の世界へと誘います。

ライディングに新たな愉しみをもたらすエンジン特性

ライダーのスロットル操作に対し、リニアなトルクを創りだすこと。この設計思想“クロスプレーン・コンセプト”に基づき開発した、水冷・DOHC・直列2気筒・4バルブ・270度位相クランク・フューエルインジェクション搭載、688cm3エンジン。単に最高出力やトルク値を追求するのではなく、粘り強いトルク特性をもつエンジンとした。優れたトルク特性を引き出す設計の燃焼系と、専用ミッションレシオの相乗効果により、卓越した扱いやすさ、コントロール感を実現。頻繁なギアチェンジを繰り返すことなく、アクセルのオン・オフで爽快な走りを愉しめる。シリンダーには放熱性に優れるダイレクトメッキシリンダー※(ケース一体メッキシリンダー)、エンジン軽量化と低振動化を両立する一軸バランサー、心地よい加速フィーリングや鼓動感をもたらす270度位相クランク、ロス馬力を低減するオフセットシリンダーなどを装備。シンプルかつ軽量なエンジンとしている。

※アルミ製シリンダーに「アルミライナー」を封入してこれにメッキ処理するのではなく、シリンダーに直接メッキを行い優れた信頼性を実現するもの。メッキ処理に適した高強度なアルミ製シリンダーの生産を可能とする独自の鋳造技術によりこの「ダイレクトメッキ」が可能となった。

軽量ボディ設計と優れた燃費性能

燃焼系の最適化に加え、オフセットシリンダーや軽量ボディ設計、早期暖機設計などの相乗効果で優れた燃費性能を実現。また良好な排気効率、消音性能、マス集中を図るため、エキゾーストパイプとサイレンサーをユニット化した2into1式エキゾーストを装備。ポート部から伸びる2本のエキゾーストパイプは美しいラインを描き、常に抑揚感を伝える造形となっている。加えてサイレンサーにはフィードバック制御三元触媒を使用、優れた環境性能を実現。平成19年国内排出ガス規制に適合している。

軽快で素直なハンドリングを支えるフレーム

外径・板厚の違う高張力鋼管を適材適所で組合せた、バックボーン型フレーム。シンプルなパイプワークは、しなやかな乗り味と軽快なコントロール性に貢献。あわせて、容易な取り回しを実感できる“軽量・スリムな車体”を実現した。軽くかつコンパクトなエンジン、低重心設計とともに、軽快感に優れた素直で上質なハンドリングを支えている。

※写真は一部合成によるイメージです。車両は輸出仕様車でアクセサリーを装備しています。また海外で撮影されたものであり交通法規、仕様が国内と異なります。ライダー着用ウェア類は国内では販売しておりません。

剛性バランスに寄与するエンジン側懸架のリアサスペンションユニット

ボディのコンパクト化と配置の最適化のため、モノクロス式リアサスペンションのショックユニットは水平方向レイアウトとした。加えてショックユニットの車体側はクランクケースに締結。フレームにサスペンション荷重を受け止める構造物を必要としないため、しなやかなフレームと適正な剛性バランスに寄与している。また、ライダーの好みや走行条件に応じ調整が可能なイニシャル調整機能を装備している。

ハンドリングを支えるフロント周り設計

扱いやすいハンドリング特性実現のため、41mm径インナーチューブ・正立式フロントフォークを装着し、自然な操舵感が伝わる設計とした。ストロークを130mm、フォークピッチは190mmとコンパクト化し、メインフレームに対するステアリングまわりの慣性モーメント低減と剛性を最適化している。

フロントブレーキ&17インチアルミホイール・ラジアルタイヤ

フロントブレーキは、対向ピストン・4ポットキャリパー、282mm径フローティングタイプのウェーブディスクをダブルで装備。コントロール性に優れた制動力に貢献している。また軽やかな走行フィーリングをさらに印象づけるため、10本スポーク型の軽量アルミ製キャストホイールを装備。フロントに120/70ZR17M/C (58W)、リア180/55ZR17M/C (73W)の扁平ラジアルタイヤを装着、力強い走りをアピールしている。また、ABS装備車※を設定した。

※車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

コンセプトは“クールアーバンスポーツ”

ダイナミックかつ俊敏で、街を自由自在に駆け抜けるイメージの斬新なデザイン。独特なアップライトポジションがクールで強い個性と、躍動的なスピード感を表現している。この“走りの機能美”と“人とマシンの融合美”を両立するデザインメソッドが、“ダブルデッキ・ストラクチャー”。マシンのアッパー部とアンダー部を分け、双方の関係を相対的かつ連携的に表現。アンダー部分では、ヤマハらしい独創的な力強い走りの機能を。一方、アッパー部分は、パワーユニットを覆う“衣”や“ジャケット”にあたるものとして、軽やかで流れるような力感とマン・マシンの一体感を表現。全体として軽快なフロント周りと、切れあがったリア周りを印象づけ、“エクストリーム”なイメージを持たせている。ボディカラーはフレーム、リアサスペンション、フロントフェンダー、前後ホイールなど、ブルーをより強調し、スポーツマインドをさらにアピール。加えて、タンクにグラフィックをあしらったヤマハRB(レーシングブルー)イメージの新色・マットシルバー1(マットシルバー)をMT-07 ABSに設定。またMT-07 ABS、MT-07では、鮮やかでスポーティな印象の新色・ディープレッドメタリックK(レッド)を採用。シンプルかつクリーンな印象のブルーイッシュホワイトカクテル1 (ホワイト) 、艶を抑えたグレーメタリックでメカニカルかつ力強さを表現したマットグレーメタリック3(マットグレー)と合わせて3色をラインナップした。

スリム&コンパクトなスタイリング

フロントからテールエンドまでを独特な造形の樹脂パーツで繋ぎ、吸気・燃焼・排気の流れを表現したエアインテークアイコン。コンパクトなライディングポジションに寄与するシートに加え、圧迫感がなく、フレンドリーな印象を与えるスリムなタンク形状は、アップライトで自由度の高いライディングポジションに貢献している。

直感的にマシンの情報を読み取れるマルチファンクションメーター&小型ハンドルスイッチ

マシンの情報・走行状況を直感的に確認しやすい、小型フル液晶マルチファンクションメーター。メーター下段にはエンジン回転数をバー表示し、トルクバンドの4,000~8,000rpm部分を幅広く表示。回転数だけでなく、発生トルクの量感イメージを強調した。またひと目で使用中のギアがわかるよう、中央にギアポジションインジケーターを、さらに環境に配慮した走行時に点灯するECOインジケーターを装備。メーター本体はハンドルマウント上側に装着、前方の開放感を印象づけている。ハンドルスイッチは、軽量設計のコンパクトタイプ。セルフスターターボタンはスライド式で、エンジンストップスイッチと一体のスマートな外観となっている。

※メーターは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

マルチリフレクターヘッドランプ&その他の主な装備

フロント周りの個性的な演出にも寄与する、マルチリフレクターヘッドランプ。リアにはLEDテールランプを配置した。また、コンパクトボディと調和する6角タイプの小型バックミラーを装着している。

価格・仕様諸元

参考価格

MT-07 ABS

¥749,520

(本体価格¥694,000)

参考価格

MT-07

¥699,840

(本体価格¥648,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。
  • [ ]内はMT-07 ABS(MT-07A)

認定形式/原動機打刻形式
EBL-RM07J/M403E
全長/全幅/全高
2,085mm/745mm/1,090mm
シート高
805mm
軸間距離
1,400mm
最低地上高
140mm
車両重量
179kg〈182kg〉
燃料消費率 *1 国土交通省届出値定地燃費値 *2
38.4km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率 *1 WMTCモード値 *3
24.1km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類
水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列
直列, 2気筒
総排気量
688 cm3
内径×行程
80.0mm×68.5mm
圧縮比
11.5 : 1
最高出力
54kW(73PS)/9,000r/min
最大トルク
68N・m(6.9kgf・m)/6,500r/min
始動方式
セルフ式
潤滑方式
ウェットサンプ
エンジンオイル容量
3.00L
燃料タンク容量
13L
燃料供給方式
フューエルインジェクション
点火方式
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式
12V, 8.6Ah(10HR)/YTZ10S
一次減速比
1.925
二次減速比
2.687
クラッチ形式
湿式, 多板
変速機形式
常時噛合式6速
変速方式
リターン式
変速比
1速 2.846 2速 2.125 3速 1.631 4速 1.300 5速 1.090 6速 0.964
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター/トレール
24°50′/90mm
タイヤサイズ(前/後)
120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後)
油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後)
テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ
ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
乗車定員
2名

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります。

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
WMTCモード値については、日本自動車工業会ホームページ(http://www.jama.or.jp/motorcycle/)もご参照ください。

ユーザーレビュー

MT-07
MT-07

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:2

  • 楽しい

    楽しい

    2016/12/15ニックネーム:こざる
    平均燃費:街乗り時 24km/L  ツーリング時 28km/L

    楽しい

    購入したきっかけは?

    女子ライダーでも扱いやすい
    軽い大型車を探していた。 

    利用状況について

    週末に峠や近場を走っています。
    時々、300〜400kmのツーリングもあり。 

    好きな点、満足している点

    軽さ、操作性の良さ。
    かつパワフル。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    メーター位置が見にくいです。
    視点を大きく動かす必要があります。
    バー周りにスペースが少ないので
    追加取り付けが悩ましいです。 

    あなたの愛車に関するコネタ

     

    役に立った:3

    このレビューは参考になりましたか?

  • なかなかの物

    なかなかの物

    2016/02/23ニックネーム:てん
    平均燃費:街乗り時 23km/L  ツーリング時 26km/L

    なかなかの物

    購入したきっかけは?

    5年前までTRX850を所有、しばらくぶりに大型車に乗りたいと思いいろいろ試乗して、車重の軽さで決めました。TRX850も軽さがお気入りでしたね。
     

    利用状況について

    15年4月に納車、16年2月現在で5000km。
    YBR125と2台を通勤に使用、片道200km程度のツーリングを2回程度
    あとは休日の朝早く峠に行くぐらいです。 

    好きな点、満足している点

    やはり車重の軽さですね。取り回しが楽です。
    それとアクセルレスポンスの良さ、TRXとは比べ物になりません。
    20年前のバイクと一緒には出来ませんが。
    あとポジションも無理が無く疲れにくいかな。
    街乗りとか5000r以下なら扱いやすく楽しいですね。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    不満と言うわけでは無いのですが最初のころは高回転、特に7,8000r以上だと扱い辛い感じでした。リアサスもかなりバンピーです。

     

    あなたの愛車に関するコネタ

    今、ショップとも相談しながら試行錯誤ほどでは無いにしろお金をかけず
    峠用にいろいろセットアップをやってます。
    リアサスのバネ番数を変えたり、高回転域でのギアシフトとの相性とか
    MT-07にかぎらず奥が深そうです。 

    役に立った:52

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP