1. ホーム
  2. 取扱モデル
  3. MT-09 TRACER
取扱モデル
Product Lineup

MT-09 TRACER

MT-09 TRACERは、MT-09をベースに、“Sport Multi Tool Bike”のコンセプトに基づいた市街地からツーリングまで快適に走れるプラットフォーム開発モデルです。
MT-09 TRACERを全国のYSPで体験してください。

特徴・各部詳細説明

週末、自分を楽しむ。

MT-09譲りの卓越したパフォーマンスはそのままに。
「コンパクト」「アジリティ」「ユニーク」を集約した、個性豊かなスタイリング。
加えて、さまざまなシーンでのマルチパーパス性を磨き上げた。
コミューティングでの取り回しの良さ、コントロール性。
さらには、ツーリングでの優れた快適性、居住性など。
加えて、2モード選択式TCS(トラクション・コントロール・システム)を新たに採用。
街で、ワインディングで、さらにはその先の新たなステージで。
MT-09 TRACER ABSが、週末の新たな悦びとなる。


街で、郊外で楽しむ、思いのままのパフォーマンス。

水冷・DOHC・直列3気筒・4バルブ・
フューエルインジェクション搭載エンジン

3気筒エンジンならではの特色を活かし、開発。優れた出力トルク特性を獲得するとともに、粘り強く、高いトルクを引き出し、あわせてスムーズな吹け上がりを実現している。

軽量かつ高い剛性バランスを実現。軽量アルミフレーム

ヤマハ独自のCFアルミダイキャスト技術による部材を使用した軽量アルミフレームにより、軽量化と剛性バランスを両立。またリアアームのピボットはフレーム外側締結として、直列2気筒車並みのフットレスト幅を実現している。

※従来式ダイキャストでは困難な「薄肉かつ大物」のアルミダイキャスト部品を量産化できる独創的な技術。設計・デザインの自由度が増し、軽量化とともに高いデザイン性を可能にする。

さまざまな路面状況に対応。
ショック吸収性と追従性に優れた前後サスペンション

インナーチューブ径41mm・倒立式フォークのフロントサスペンション&リンク式リアモノクロスサスペンション。イニシャル調整と伸び側減衰力の調整機構により、走行環境や好みに応じたセッティングが可能。幅広いシーンで、快適な乗り心地をサポートする。

優れた制動力。対向ピストン4ポット
ラジアルマウントキャリパー・フロントブレーキ

良好な初期タッチ、リリース特性など、コントロール性に優れた制動力に貢献する、298mm径フロントディスクブレーキ。また、ABSを標準装備した。

※車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒

好みに応じた自在の走り。D-MODE(走行モード切替システム)

走行環境やライダーの好みにより、「STDモード」(標準モード)、「Aモード」(STDモードよりシャープでダイレクトなレスポンスを楽しめるモード)、「Bモード」(STDモードより穏やかで扱い易い出力特性を楽しめるモード)を選択可能。

2モード選択式TCS(トラクション・コントロール・システム)を採用

従来のON/OFF選択のみから、路面状況、ライダーの好みに応じて、制御の強さを「1(弱)」「2(強)」「OFF」から選択できる2モード選択式を新たに採用。滑らかな発進性・走行性をサポートする。

デザインと機能を両立。軽量ホイール&ラジアルタイヤ

10本スポークタイプの軽量アルミ製キャストホイール。またフロント120/70ZR17、リア180/55ZR17のツーリング向け・ラジアルタイヤを装着している。


ゆとりと快適を生み出す、数々の装備。

走りを感じさせる個性的なスタイリング

2眼とエアインテークを組合せた、個性的なフロント周り。ヘッドランプにはポジション、ハイ・ローともにLEDを使用。リフレクター形状の中にLED発光体を埋め込むことにより、特徴的なランプデザインを実現している。またリアには左右セパレート、視認性に優れたLEDテールランプを装備。スタイリッシュなブラッシュガードやタンク周りの構成、デザインなどにより、全身で軽快な印象をアピールしている。

好みに応じて調整可能なライディングポジション

タンデムを考慮したセパレートシートは、形状やクッション材の弾性を最適化し、優れたコンフォート性とフィット性を実現。また、メインシートは手動で2段階に高さ調整が可能で、前後に10mmアジャスト可能なハンドル位置とも相まって、体格や好みに応じたライディングポジションに調整できる。

3段階にセッティング可能なスクリーン

走行風による疲労を低減するスクリーンを装備。またフロントカウルのスクリーンは手動で15mmずつ3段階に高さを調整できる。

さまざまな情報をひと目で把握できる。
多機能マルチファンクションメーター

左側メーターには、バー表示のタコメーター、デジタル表示速度計。右側には、走行データ等の各種情報を表示できる多機能マルチドットディスプレイをレイアウト。また、グリップヒーター※のモード調整にも対応し、好みに応じた表示内容のカスタマイズも可能。メーターパネル左側に12V・DCジャックを配置。さらに環境への配慮から、スロットルコントロール時に点灯するECOインジケーターを装備している。

※適合品はワイズギア製品となります。 別売/取扱い 株式会社ワイズギア

※メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

長距離走行で便利。多様な積載性を考慮したリア周り

グラブバー、サイドケース取付けステー、荷掛けフック、10箇所のラゲッジストラップホルダー、ヘルメットホルダーなどを装備。リアキャリア装着等、高い拡張性、利便性を獲得している。また、メインスタンドを標準装備。加えてツーリングシーンでのゆとりある航続距離を得るため、18リットルの燃料タンクを装備した。

個性で選べる3タイプのカラーリング

大人のファッションセンスをベースに、上質感を盛り込んだリーフグリーン。ブルーは、ヤマハレーシングブルーをより強調。ブルーメインの配色で、ダイナミック&スポーティをさらにアピール。マットグレーは、定番のブラックながら機能性と質感を織り込んだシリアスなイメージに加え、MT-09 TRACERロゴには夜間に光を反射する新グラフィックを採用している。

アシスト&スリッパー(A&S)クラッチを新たに採用

クラッチレバーの操作荷重を軽減するとともに、バックトルクによる車体挙動への影響を抑止。市街地などでの軽快な走りに貢献する。

価格・仕様諸元

参考価格

MT-09 TRACER

¥1,069,200

(本体価格¥990,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。

認定形式/原動機打刻形式
2BL-RN51J/N711E
全長/全幅/全高
2,160mm/950mm/1,345mm
シート高
845mm(低い位置・出荷時) 860mm(高い位置)
軸間距離
1,440mm
最低地上高
135mm
車両重量
210kg
燃料消費率 *1 国土交通省届出値定地燃費値 *2
28.4km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率 *1 WMTCモード値 *3
19.7km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類
水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列
直列, 3気筒
総排気量
845 cm3
内径×行程
78.0mm×59.0mm
圧縮比
11.5 : 1
最高出力
85kW(110PS)/10,000r/min
最大トルク
87N・m(9.0kgf・m)/8,500r/min
始動方式
セルフ式
潤滑方式
ウェットサンプ
エンジンオイル容量
3.40L
燃料タンク容量
18L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)
燃料供給方式
フューエルインジェクション
点火方式
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式
12V, 8.6Ah(10HR)/YTZ10S
一次減速比
1.680
二次減速比
2.812
クラッチ形式
湿式多板
変速機形式
常時噛合式6速
変速方式
リターン式
変速比
1速 2.666 2速 2.000 3速 1.619 4速 1.380 5速 1.190 6速 1.037
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター/トレール
24°00′/100mm
タイヤサイズ(前/後)
120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後)
油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後)
テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ
LED/LED×2
乗車定員
2名

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります。

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
WMTCモード値については、日本自動車工業会ホームページ(http://www.jama.or.jp/motorcycle/)もご参照ください。

ユーザーレビュー

MT-09 TRACER
MT-09 TRACER

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:5

  • 400ccから乗り換えです。

    400ccから乗り換えです。

    2017/08/05ニックネーム:こーちゃん
    平均燃費:街乗り時 18km/L  ツーリング時 23km/L

    400ccから乗り換えです。

    購入したきっかけは?

    大型二輪免許を取得して、ロングツーリング向けバイクを探していたら、このMT-09 tracerを見つけました。 

    利用状況について

    街乗りメインの、たまにロングツーリングに出かけます。 

    好きな点、満足している点

    アクセルを開けた時の加速がすごく満足しています。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    足つきが非常に不安になります。
    ローダウンも考えましたが、サスペンション性能を崩したくなかったので、Y'S GEAR のローシートに替えてやっとつま先べたくらいになりました。(それでも不安です。)
    いっぱい乗って慣れるしかないです。 

    あなたの愛車に関するコネタ

    私のMT-09 tracerはクイックシフターが取り付け可能な年式なので早速取り付けしました。
    クラッチレバーを握ることなくレーサーみたいにシフトアップできるのが素晴らしいです。 

    役に立った:1

    このレビューは参考になりましたか?

  • 大型バイク初購入です

    大型バイク初購入です

    2016/07/31ニックネーム:Kei
    平均燃費:街乗り時 19km/L  ツーリング時 24km/L

    大型バイク初購入です

    購入したきっかけは?

    2016年春に大型二輪免許を取りました。ゲットライセンスプレミアムをきっかけにYAMAHAの新車を検討。週末ツーリングがメインなので、楽に長距離を走れるバイクを探している最中、YSP仙台さんで試乗して一目惚れしてしまいました。 

    利用状況について

    週末(土日)にバイク仲間と日帰りツーリング(ランチ・カフェ・温泉)するのが主です。距離は100〜300kmぐらいですね。乗れない日は、洗車をするのが好きです。 

    好きな点、満足している点

    とても乗りやすいバイクですね。乗車位置が高いので、カーブの出口がよく見え、安全に走ることができます。ロングツーリングをしている時は、D-MODEがあるため飽きません。高速道路やワイディングロードはSTDモード、峠はAモード、雨が降ってきたらBモードと切り替えて楽しんでます。他のバイクと比べ、タイヤの接地感があります。山道を走っているとカーブのアスファルトが荒れているところが良くあるのですが、安定感ある走りをしてくれ、万が一の場合には、TCSやABSがフォローしてくれます。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    若干、足回りが固い感じがしますね。まだ、納車後1箇月なので、もう少し走りこむと、好みのサスペンションになるかもしれません。 

    あなたの愛車に関するコネタ

    ツーリングをしていると、対向車線のライダーが振り向いてくれたり、PAや道の駅で声をかけてもらうことが多くなりました。それだけ、インパクトがあるバイクなのかも。 

    役に立った:19

    このレビューは参考になりましたか?

  • 君と巡り逢えて良かった(*´▽`*)

    君と巡り逢えて良かった(*´▽`*)

    2016/05/31ニックネーム:DEEP_the_rideR
    平均燃費:街乗り時 18km/L  ツーリング時 22km/L

    君と巡り逢えて良かった(*´▽`*)

    購入したきっかけは?

    20年ぶりにリターンして買ったMC08。ライダー仲間との車格の違いを痛感。乗り変え思案でバイク屋通い。当初のCB400SBから、ライダー仲間の後押しで大型取得を決断。バイク屋通い中、リッタークラスでツーリング主体の方向性で探すが、車種の選択に納得できず、どうのような乗り方・使い方をするのかと再考。そんな時Tracerに遭遇、その場で購入決断。

    即決に導いたのは、写真より存在感ある迫力のトランスフォームしそうなデザイン。跨った時の持て余さない軽さ(まだ教習中だったので未試乗w)。3気筒の独特な排気音。ツインの中低速と2ストな高速域(話だけw)。ロンツー対応装備。LEDライト、DCアウト、グリップヒータなど。予算内価格。販売店スタッフの親身な接客。MT-09(マットグレー)から感じていたヤマハのやる気。09より大人しい味付け。アタシに乗りなよ!ってトレーサーのキラキラ攻撃w
     

    利用状況について

    毎週末200~400kmのツーリング。たまに2泊3日などのロングツーリング。 

    好きな点、満足している点

    電動アシスト付きママチャリ並みの乗り心地と楽ちんなポジション。
    他の車種ではロンツーには窮屈だった。
    視点も高く、見通しも見晴らしも良い(178cm、75kg)。
    この車格に乗れるほどの足長アピール(アヒャ、すいませんw)
    これがヤマハのハンドリングか!って感嘆するほど素直な操作感。
    トップギア、4000回転から聞こえ始めるジェットフィールな音(吸気音?)。
    トランスフォームしそうなゴチャゴチャ感のあるデザイン。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    取説にある推奨ギアと推奨速度では多少ノッキングする気がする。
    なんとか被膜の割に汚れが取れにくいエキパイ。
    洗車あとはエアブローじゃないと水が取り切れない細々した内側。
    左右角度の違うミラーステー(神経質ですいませんw)。
    部品無くなっても気づかないようなデザイン上のゴチャゴチャ感(ぇw)。

     

    あなたの愛車に関するコネタ

    メーカテスト車あがりの中古だったので、後輪がかなり満遍なく使われており、
    どこぞで走り屋さんとかに遭遇すると、タイヤ使ってるね~的に言われるwww 

    役に立った:17

    このレビューは参考になりましたか?

  • まさにスポーツマルチバイクです

    まさにスポーツマルチバイクです

    2016/02/12ニックネーム:ガハガハ
    平均燃費:街乗り時 18km/L  ツーリング時 24km/L

    まさにスポーツマルチバイクです

    購入したきっかけは?

    以前FZ1フェザーに乗っていて、楽しいバイクでしたが積載性が無く3回目の車検を迎える前だったので積載性のあるバイクに乗換えを検討してました。
    MT-09が発売された時非常に気になってましたが、スクリーンがどうしても欲しくて悩んでいた所トレーサーの発売を知りすぐに予約しました。
    スクリーンとリアボックスを取り付けても見た目がカッコよく、LEDヘッドライトやトラコン、DCソケットまで付いていて、さらに車両重量も軽く購入に迷うことはありませんでした。 

    利用状況について

    週末のツーリングです。攻める峠道からゆったり走る街中の買い物まで様々な乗り方でも楽しくなる、まさにスポーツマルチバイクだと思います。 

    好きな点、満足している点

    メーター周りも充実していて、平均燃費が分かるのでエコに走りたいと意識するようになりました。
    普段はスタンダードモードやBモードでゆっくり走ってますが、加速力は十分です。Aモードだと怖くなる時があります。
    グリップヒーターはメーターと連動しているので扱いやすく、必須だと思います。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    ブラッシュガードの為ハンドルがかなり広く感じるので、すり抜けには向いてません。すり抜けを意識しなければ関係ないかなと思います。
    ブラッシュガードのデザインは気に入ってますが、高さが低いのか走行中の風は結構受けます。
    ノーマルのスクリーンではかなり風を受ける感覚がしたので、大きいスクリーンに変更しました。
    あとはガソリンがハイオク指定くらいです。 

    あなたの愛車に関するコネタ

    リアボックスを付けたら走行感覚が変わるかなと思っていましたが、そんなに変わりませんでした。
    ヘッドライトとテールライトがLEDだったのでフラッシャーもLEDに代えました。次はフォグライトを付けてさらに明るくしたいと思ってます。
    DCソケットも1個追加できるので取付しましたが、2個使うシチュエーションは今のところありません。 

    役に立った:22

    このレビューは参考になりましたか?

  • サイズと装備が良いバランスです

    サイズと装備が良いバランスです

    2016/02/12ニックネーム:MK
    平均燃費:街乗り時 23km/L  ツーリング時 23km/L

    サイズと装備が良いバランスです

    購入したきっかけは?

    前車(Wr250X)は軽さを活かした走行が楽しかったのだけれど、ロングツーリングが辛く、また航続距離も短かったので買い替えを検討開始。
    そんなときに発売の話を聞いたのですぐに購入を決めました。 

    利用状況について

    月に1~2回。主に400kmくらいのツーリングで使用。
    たまに1,000kmくらいのキャンプツーリングに出かけてます。
    納車してから半年で約6,000km走りました。 

    好きな点、満足している点

    軽さ。
    キャンプツーリングで荷物を満載しているとき、バランスを崩して立ちゴケしそうになっても踏ん張りきれました。
    パワーも充分。
    モード切替があるので高速から市街地まで、思った通りのパワーを得られます。STDモードであればオールマイティに市街地・高速・峠道をキビキビ走れますよ。

    また、グリップヒーターを取り付けるとメーター内でON/OFFや温度調整ができる。まるで標準仕様みたいで気に入っています。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    ノーマルスクリーンだとちょうど風がヘルメットに当たるみたいで、走行風がうるさく感じたので、MRAのスクリーンに変更しました。
    風防効果はノーマルと変わらないけど、音は静かになりました。
    その他に不満な点は思いつきません。 

    あなたの愛車に関するコネタ

    幅の広いハンドルガードは取り外してしまいました。
     

    役に立った:32

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP