取扱モデル
Product Lineup

MT-09

MT-09は、“Be Radical , Be Cool” をコンセプトに毎日の楽しさを、もっと自由に、ずっと自在にを実現できるバイクです。日常的な速度域でのかつてない自由自在感。
MT-09をぜひ全国のYSPで体験してください。

特徴・各部詳細説明

自由に楽しむ、自在に操る。

日常的な速度域での、かつてない自由自在感。
走りだした瞬間に感じる、意のままの、俊敏で力強い走り。
スポーツに新しいエキサイトメントを拓いたMT-09が、今さらなる進化を遂げた。

LED4灯採用のヘッドランプは、コンパクトかつシャープな2眼デザイン。
塊感を強調し、力感と軽快感をアピールしている。
さらに、サイドフィンと大型エアスクープが力強さを主張するサイドビュー。
加えて、アルミ鍛造ステーの片持ちリアフェンダーが特徴的な、
引き締まったリアビュー。
より洗練され、アグレッシブに進化したMT-09が、いまここに在る。

“Be Radical ‚ Be Cool” ----- MT-09
毎日の楽しさを、もっと自由に、ずっと自在に。

滑らかな発進性・走行性をサポートする2モード選択式TCS(トラクション・コントロール・システム)

MT-09 ABSにTCS(2モード選択+OFF)を採用。発進や加速時に後輪のスピン傾向を検知すると点火時期、燃料噴射量、スロットル開度(YCC-T)を統合制御。滑らかな発進性・走行性をサポートする。路面状況、ライダーの好みに応じて、制御の強さを「1(弱)」「2(強)」「OFF」から選択できる。

水冷・DOHC・直列3気筒・4バルブ・フューエルインジェクション搭載エンジン

コンパクトで慣性トルク変動が少ないなど、3気筒エンジンならではの特色を活かし、開発。粘り強く高いトルクを引き出し、あわせてスムーズな吹け上がりを実現している。

CFアルミダイキャスト製軽量アルミフレーム&フレーム外側締結リアアーム

フレームはCFアルミダイキャスト製。左右の部材をヘッドパイプ部とリアピボット部、中央のクロスチューブ部でボルト締結した。さらにコンパクトなライディングポジションとスリムな足元周りを実現するため、リアアームのピボットはフレーム外側締結として直列2気筒車並みのフットレスト幅を実現。リアアームは、左右のCFアルミダイキャスト製パーツを、アルミ押し出し材のクロスメンバーと溶接してひとつのユニットとし、軽量化と剛性バランスを両立させている。車体の軽量化やマスの集中化はもちろん、優れた剛性バランスにより操縦安定性、軽快なハンドリングに貢献している。

YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)

ライダーのアクセル操作を検知したECUユニットが、「エンジン回転」と「スロットル開度」に見合った最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算。モーター駆動でスロットルバルブを作動、吸入空気量制御を行う。ライダーが感じる“意のままの出力と操作感”を生み出す大きなポイントとなっている。また3つのファンネル長を不等長に設定。YCC-Tの効果も加わり中速回転域以降の優れたトルク特性に貢献し、エアダクトをエアクリーナー上面に配置することで、心地よい吸気サウンドも実現している。

D-MODE(走行モード切替システム)

エンジン特性を3つのモードから選べるD-MODEを搭載。走行環境やライダーの好みにより、「STDモード」(さまざまな走行条件に適したモード。リニアで鮮明なトルク感とスムーズな走行フィーリングを低速から高速まで楽しめる。)、「Aモード」(STDモードより、シャープでダイレクトなレスポンスを楽しめるモード)、「Bモード」(STDモードより、穏やかで扱い易い出力特性を楽しめるモード)を選択できる。モード選択は、右側ハンドルにあるスイッチのボタンで切替える。

フロントサスペンションに圧側減衰調整機能を新たに装備。

フロント&リアサスペンションとも、それぞれイニシャル調整と伸び側減衰力の調整機構を装備。またフロントでは新たに圧側減衰の調整機構を備えた。

ラジアルマウントキャリパー装着フロントブレーキ&専用開発タイヤ

フロントは径298mmの対向ピストン4ポットラジアルマウントキャリパー・ダブルディスクをフローティングマウント。良好な初期タッチ、リリース特性などコントロール性に優れた制動力に貢献。リアは、径245mmディスクに焼結パッド装着のピンスライド式キャリパーとした。またフロント120/70ZR17M/C(58W)、リア180/55ZR17M/C(73W)の専用開発ラジアルタイヤを装着。また、ABSを標準装備した。

※車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください

個性際立つ3タイプのボディカラー

MTシリーズならではのアグレッシブさを表現したソリッドグレー+足周りにアシッドイエローを配し、洗練されたパワフルなスポーティさを主張するグレー。ブルーは、ヤマハレーシングブルーをより強調。ブルーメインの配色で、ダイナミック&スポーティをさらにアピール。マットグレーは、シンプルなブラックながら各部で微妙に異なる配色がもたらす洗練されたシリアスなイメージに加え、MT-09ロゴには夜間に光を反射する新グラフィックを採用している。

反射グラフィック

反射材の上にカラークリアを塗布。夜間に光を反射するMT-09ロゴをマットダークグレーメタリック6に採用。

アルミ製テーパーハンドル

ハンドルは、軽量で強度バランスに優れたテーパー形状のアルミ製。ハンドルクラウンはバーの懸架部を高くし、ライディングポジションとの調和を図ることで、アップライトな乗車姿勢を可能にしている。

サイレンサーエンドカバー

エンドカバーには立体感ある新デザインを採用。塊感を強調することで凝縮感をよりアピール。

フィット感&マシンホールド感に優れた新シート

クッション形状を作り込むことで、発進から制動時までさまざまな状況での優れたフィット性を実現している。

小型ハンドルスイッチとマルチファンクションメーター

軽量コンパクト、ライダーの視界に配慮したオフセット配置が特徴の小型フル液晶マルチファンクションメーターを装備した。タコメーターはデジタルバー表示、また平均燃費、水温、気温表示などに加え、左側にギアポジションインジケーター、右側には環境に配慮し、走行時に点灯するECOインジケーターを配置。ハンドルスイッチは、軽量なコンパクトタイプ。スタータースイッチはスライド式で、エンジンストップスイッチと一体のスマートな外観となっている。

※メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

17インチ軽量ホイール

10本スポークタイプの軽量アルミ製キャストホイール。十分な強度を備え、かつマスフォワード感を強調するデザインとしている。

アシスト&スリッパー(A&S)クラッチを新たに採用

クラッチレバーの操作荷重を軽減するとともに、バックトルクによる車体挙動への影響を抑止。市街地などでの軽快な走りに貢献する。

クイック・シフト・システム(QSS)を新たに採用

シフトペダルの動きを検知すると、ECU演算によりエンジン出力を補正。噛み合っているギアの駆動トルクを瞬間的にキャンセルし、シフトアップ操作をサポートする。

アルミ鍛造ステー採用片持ちリアフェンダー

ライセンスプレート懸架を兼ねた、アルミ鍛造製ステーの片持ちリアフェンダーを新採用。コンパクトなマッドガードとのバランスにより“塊感”を強調、リア周りの力感を演出している。

小型バックミラー&その他の主な装備

マスフォワードなコンパクトボディと調和する、6角タイプの小型バックミラーを装着。また、ブレーキペダル、シフトペダル、フットレストは軽量かつデザイン性に優れたアルミ鍛造製。さらに盗難を抑止するイモビライザー※を標準装備している。

※イモビライザーはあくまでも盗難抑止を目的とした装備であり、盗難を完全に防止するものではありません。

価格・仕様諸元

参考価格

MT-09

¥1,004,400

(本体価格¥930,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。
  • [ ]内はMT-09 ABS(MT-09A)

認定形式/原動機打刻形式
2BL-RN52J/N711E
全長/全幅/全高
2,075mm/815mm/1,135mm
シート高
820mm
軸間距離
1,440mm
最低地上高
135mm
車両重量
193kg
燃料消費率 *1 国土交通省届出値定地燃費値 *2
29.4km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率 *1 WMTCモード値 *3
19.7km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類
水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列
直列, 3気筒
総排気量
845 cm3
内径×行程
78.0mm×59.0mm
圧縮比
11.5 : 1
最高出力
85kW(116PS)/10,000r/min
最大トルク
87N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min
始動方式
セルフ式
潤滑方式
ウェットサンプ
エンジンオイル容量
3.40L
燃料タンク容量
14L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)
燃料供給方式
フューエルインジェクション
点火方式
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式
12V, 8.6Ah(10HR)/YTZ10S
一次減速比
1.680
二次減速比
2.812
クラッチ形式
湿式, 多板
変速機形式
常時噛合式6速
変速方式
リターン式
変速比
1速 2.666 2速 2.000 3速 1.619 4速 1.380 5速 1.190 6速 1.037
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター/トレール
25°00′/103mm
タイヤサイズ(前/後)
120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後)
油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後)
テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ
LED/LED×2
乗車定員
2名

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります。

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
WMTCモード値については、日本自動車工業会ホームページ(http://www.jama.or.jp/motorcycle/)もご参照ください。

ユーザーレビュー

MT-09
MT-09

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:1

  • 待ちに待ったNewMT-09

    待ちに待ったNewMT-09

    2017/03/07ニックネーム:godzilla
    平均燃費:街乗り時 20km/L  ツーリング時 25km/L

    待ちに待ったNewMT-09

    購入したきっかけは?

    今まで乗っていたXj-6のローンが終わったので自分の誕生日に自分にプレゼントで買いました‼️ 

    利用状況について

    とりあえず雨の日以外は通勤でyspさんの企画のツーリングに参加させて頂いてます。 

    好きな点、満足している点

    とにもかくにもバランスの良さ‼️
    コーナーリングの安定性‼️
    ギアチェンジのスムーズさ‼️ 

    嫌いな点、不満に思っている点

    フロントフェンダーのヤマハのロゴ。
    音叉マークにして欲しかったですね❗ 

    あなたの愛車に関するコネタ

    今、ヨーロッパからシールドを取り寄せ中。
    グリップヒーターやトップケースキャリアも
    付けてロングツーリングにも対応させて居ます❗ 

    役に立った:28

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP