取扱モデル
Product Lineup

MT-10

THE KING OF MT

現在の「ヤマハスポーツの象徴、R」の遺伝子を受け継ぎ、そこにMTならではの官能的な走りを融合した、新たな走りのスタイル、MT-10。
“The king of MT” の名に値するフラッグシップモデル、MT-10。

特徴・各部詳細説明

The king of MT.
それは、圧倒のパフォーマンス。

力強い加速と、個性豊かなエンジンキャラクター。
そして、俊敏なハンドリングと、自在に操る楽しさ。
MTシリーズが創出したこの二つの要素から生み出される、かつてない官能的な走り。
それは、数多のベテランライダーの心を捉え、さらには「走る」ことから生まれる根源的な楽しさを、
新たなジェネレーションの心に深く刻み込む事にもなった。


そしていま、再び。MTシリーズの領域をさらに拡げる一台が、ここに在る。
“Ultimate Synchronized Performance Bike” その魅力の全てはこの一言に集約されている。
現在の「ヤマハスポーツの象徴、R」の遺伝子を受け継ぎ、
そこにMTならではの官能的な走りを融合した、新たな走りのスタイル。
それは溢れるパワーを自在に操る楽しさ、悦び、加えて所有する誇りをも紡ぎ出す。
ストリートを、ワインディングを魅了するスポーツライディングと、
さらには快適なロングクルージングすら可能にする、まさに懐の深い走り。
“The king of MT” の名に値するフラッグシップモデル、MT-10。
深化した官能的な走りの新たな一頁が、ここから始まる。


意のままの、頂点へ。
MT DNA × R1 DNA

水冷・DOHC・直列4気筒・4バルブ・フューエルインジェクション搭載エンジン

動弁系にロッカーアーム式吸排バルブ駆動を装着した、最新式クロスプレーン型クランクシャフトの水冷・直列4気筒・997cm3エンジン。スロットルワークに対し、ダイレクトな駆動力を得ることができる“クロスプレーン型クランクシャフト”ならではの乗り味。その楽しさをストリート走行でも存分に味わえるよう、吸排気系・動弁系・燃料供給系などを最適化し、ストリートに適したトルク特性を獲得。多用される常用域での優れた後輪駆動力を引き出し、9,000r/min で最大トルクを発揮する。クロスプレーン型クランクの最大特徴である、クリアなトルク感、リニアリティと相まって、MTシリーズフラッグシップモデルと呼ぶにふさわしいトルク特性を発揮する。

※ 2017年3月現在

アルミ製デルタボックスフレーム&リアアーム

YZF-R1(2015 年モデル)のフレームおよびリアアームをベースに、強度・剛性バランスをチューニングしたアルミ製デルタボックス製フレーム、リアアームを採用。フレームは重力鋳造構成部品を相互に溶接し、軽量かつ優れた強度・剛性バランスを実現。エンジン懸架は、クランクケース上下2箇所とシリンダーヘッド左右2箇所をリジット懸架。エンジンを強度部材に活用し、車体トータルの縦・横・捩れに優れたバランスを達成。これら骨格部品の良好な剛性バランスにより、MT シリーズのフラッグシップモデルにふさわしい“意のままに扱えるハンドリング”を達成。また、リアフレームは、ツーリング時のバッグ装着を想定し強度・剛性を調整したスチール製とし、機能性向上に寄与している。

YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)

ライダーのアクセル操作を検知したECUユニットが、「エンジン回転」と「スロットル開度」に見合った最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算。モーター駆動でスロットルバルブを作動、吸入空気量制御を行う。ライダーが感じる“意のままの出力と操作感”を生み出す大きなポイントとなっている。

TCS(トラクション・コントロール・システム)

TCS(3モード選択+OFF)を採用。発進や加速時に後輪のスピン傾向を検知すると点火時期、燃料噴射量、スロットル開度(YCC-T)を統合制御。滑らかな発進性・走行性をサポートする。制御の強さを「1(スポーティな走行を重視したモード)」、「2(通常のストリート走行向けのモード)」、「3(路面の摩擦力が低いところでの走行を想定したモード)」および「OFF」から選択できる。

クイック・シフト・システム(QSS)

シフトペダルの動きを検知すると、ECU演算によりエンジン出力を補正。噛み合っているギアの駆動トルクを瞬間的にキャンセルし、シフトアップ操作をサポートする。

アシスト&スリッパー(A&S)クラッチ

クラッチレバーの操作荷重を軽減するとともに、バックトルクによる車体挙動への影響を抑止。市街地などでの軽快な走りに貢献する。

D-MODE(走行モード切替システム)

エンジン特性を3つのモードから選べるD-MODEを搭載。走行環境やライダーの好みにより「3モード(さまざまな走行条件に適したモード。スムーズでスポーティな走行フィーリングを低速から高速まで楽しめる。)」、「2モード(3モードに比べ、よりスポーティなエンジンレスポンスを楽しめるモード)」、「1モード(最もスポーティなエンジンレスポンスを楽しめるモード)」を選択できる。

ロングツーリングをより快適に。
クルーズコントロールシステム

ツーリングでの快適性向上を図る、クルーズコントロールシステムを採用。4~6 速ギアでの50km/hから100km/h走行時にセット可能。

ショック吸収性に優れた前後サスペンション

専用セッティングのKYB 製前後サスペンションを採用。YZF-R1(2015 年モデル)のサスペンションをベースに、MT-10専用に最適化。一般路における運動性能と乗り心地を両立したセッティングとした。フロントは43 mm径インナーチューブの KYB 製カートリッジタイプの倒立式で、120mmのストロークを確保。リアサスペンションは、KYB 製ボトムリンク式モノクロスサスペンション。路面への効率的な駆動力伝達に貢献している。

ラジアルマウントキャリパー装着フロントブレーキ&専用開発タイヤ

フロントは径320mmの対向ピストン4ポットラジアルマウントキャリパー・ダブルディスクをフローティングマウント。リアは、径220mmディスクの1ピストンピンスライド式キャリパーとした。また、前後ホイールは軽量なアルミ鋳造製とし、加えて専用開発のタイヤを装着。さらにABSを標準装備している。

※ 車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。


ストリートを、乗りこなす。
TORQUE × AGILE

フラッグシップモデルを主張するデザイン

The King of MTにふさわしい、独自のスタイリングを構築。エンジン・タンク周辺に、MT シリーズの象徴である「吸気から燃焼・排気のパワーフロー」を印象づけるダクト形状をレイアウト。またサイドカウルは、走行風の整流、足周りの風の巻き込み抑止という二つの要素を視覚化。これらのバランスにより、MT シリーズ共通のデザイン要素である、力強いエンジンの存在感とパワーフローを強調するサイドビューを実現している。さらに、ボリューム感を吟味したタンク周り、ミニマムなリアビューなどにより全体の凝縮感を強調、自由に操れる軽快感と、爆発的なトルク感を彷彿させるデザインとした。またコンパクトなフロントマスクは、フィンをイメージしたパーツの組合せにより、隙間を覗かせるような造形も織り込み、キビキビした走りを視覚的に表現している。

個性を主張する4つのカラー

ソリッドグレー+足周りにアシッドイエローを配し、洗練された、パワフルなスポーツプロダクトとして仕上げたグレー。ヤマハレーシングブルーをより強調し、ダイナミック&スポーティを全面的にアピールするブルー。加えてマットグレーは、シンプルながら黒ベースの表情が絶妙に違う色を配し、より洗練された大人のスポーツを表現した。またMT-10 SPでは、YZF-R1Mとリレーションした専用ホイールグラフィックなどを装備。ヤマハフラッグシップをより強調する専用カラーリングを採用した。

アップライトなライディングポジション

シート、タンク形状、フットレスト位置、ハンドルなどの位置関係は、ニーグリップ感と下半身によるマシンホールド性を重視して設定。また、強力なパワーをコントロールしやすいように、シートにはシートストッパーも採用。また、アルミ製テーパーハンドルを装備、MT シリーズ共通のアップライトポジションとした。加えて、アップライトながら高速走行にも対応する緩やかな前傾姿勢で、スポーティな走りにも応えられるようハンドルの幅・垂れ角・しぼり角を最適化。フットレスト、シートとのバランスで幅広いシーンに対応したライディングポジションをとることが可能となっている。

LCDメーターパネル

視認性に配慮したLCD メーターを採用。デジタル表示の速度計、バー表示回転計に加え燃料計、距離計、シフトタイミングインジケーターランプ、ギアポジション表示などを装備した多機能タイプ。

その他の主な装備

リア周りは、フロント周り同様に各ボルトが露出するデザインで、サイドバッグ等のオプションパーツの装着に配慮した。またLEDフラッシャー、LEDライセンスプレートランプなどに加え、メーターパネル左側には12V・DCジャックを装備している。


MT-10 SP 専用装備

フルカラーTFT液晶メーター

※ メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

オーリンズ製電子制御サスペンション/フロント

オーリンズ製電子制御サスペンション/リア

YRC(ヤマハ・ライド・コントロール)セッティング

ホイールスイッチで、好みに応じて設定項目を組合せ、走行モードを自在に選択できる。設定項目は「PWR(D-MODE)」、「TCS」、「QSS」、「ERS(前後サスペンション)」の4種類。さまざまな組合せの設定ができ、4パターンを記憶可能。

バフ仕上げのリアアーム

専用ハンドルスイッチ(ホイールスイッチ)

YZF-R1Mとリレーションした専用カラー&装備

シルバー×ブルーの専用カラーリングに加え、シートには専用アルカンターラ調シート表皮を採用。

価格・仕様諸元

参考価格

MT-10 SP ABS

¥1,998,000

(本体価格¥1,850,000)

参考価格

MT-10 ABS

¥1,674,000

(本体価格¥1,550,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。

〈 〉内はMT-10SP

認定形式/原動機打刻形式
2BL-RN50J/N533E
全長/全幅/全高
2,095mm/800mm/1,110mm
シート高
825mm
軸間距離
1,400mm
最低地上高
130mm
車両重量
210kg〈212kg〉
燃料消費率 *1 国土交通省届出値定地燃費値 *2
23.4km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率 *1 WMTCモード値 *3
14.0km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類
水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列
直列, 4気筒
総排気量
997 cm3
内径×行程
79.0mm×50.9mm
圧縮比
12.0:1
最高出力
118kW(160PS)/11,500r/min
最大トルク
111N・m(11.3kgf・m)/9,000r/min
始動方式
セルフ式
潤滑方式
ウェットサンプ
エンジンオイル容量
4.90L
燃料タンク容量
17L(無鉛プレミアムガソリン指定)
燃料供給方式
フューエルインジェクション
点火方式
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式
12V, 8.6Ah(10HR)/YTZ10S
一次減速比
1.634
二次減速比
2.687
クラッチ形式
湿式, 多板
変速機形式
常時噛合式6速
変速方式
リターン式
変速比
1速 2.600 2速 2.176 3速 1.842 4速 1.578 5速 1.380 6速 1.250
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター/トレール
24°00′/102mm
タイヤサイズ(前/後)
120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 190/55ZR17M/C (75W)(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後)
油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後)
テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ
LED/LED×2
乗車定員
2名

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります。

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
WMTCモード値については、日本自動車工業会ホームページ(http://www.jama.or.jp/motorcycle/)もご参照ください。

ユーザーレビュー

MT-10
MT-10

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:2

  • 求めていた高性能バイク

    求めていた高性能バイク

    2017/08/29ニックネーム:りょーた
    平均燃費:街乗り時 12km/L  ツーリング時 16km/L

    求めていた高性能バイク

    購入したきっかけは?

    MT10SPを乗る前に09年モデルのYZF-R6を乗っていました
    私のメインでの乗り方が一日約400kmを目標にツーリングをしていましたが
    レーシーなポジションにより乗る機会がどんどん減っていき最後には車検だけ通して2年間で1000kmも走りませんでした
    そこで乗り換えを考えていました
    FZ1は装備がさびしいため候補から外れ
    FJRは見た目が好みではなく候補から外れ
    モーターサイクルショーでMT10SPを見たときに一目惚れしました
    求めていた高性能な装備にツーリングが楽なポジション
    見た目も今風なスタイリッシュなデザイン
    全てが満点でした
    今では一日500kmツーリングをしています 

    利用状況について

    主に高速道路を使用したツーリングがメインです
    たまに峠を越えてのツーリングをします

    高速道路ではオーリンズ製電子サスペンションがよく働いてくれます
    走り始めは柔らか目にセッティングされギャップを踏んでも全然疲れません
    高速走行時には固めにセッティングされ安定した走りができます
    なにより安心感が違いますね
     

    好きな点、満足している点

    見た目 性能 ポジション 

    嫌いな点、不満に思っている点

    燃費 R1のエンジンを使用してるので覚悟はしていましたが燃費走行しても一度の満タン給油で350kmが限界でした

    値段 乗り出し約200万 少し・・・少し高いと思いますMT10で140万 SPで180万くらいの値幅ではないか?と私は思いました

    まだ発売して間もないのでMT10乗りが少なくて少しさみしいです 

    あなたの愛車に関するコネタ

    バイクを乗り始めてからYAMAHAさんのバイクしか乗っていません
    私が所有したバイクすべて 見た目がかっこいいです
    これからもかっこいいバイクをお願いします 

    役に立った:8

    このレビューは参考になりましたか?

  • これぞマスターオブトルク

    これぞマスターオブトルク

    2017/05/26ニックネーム:ひで
    平均燃費:街乗り時 11km/L  ツーリング時 13km/L

    これぞマスターオブトルク

    購入したきっかけは?

    MT-09からの乗り換え。 

    利用状況について

    ブラ乗り、ツーリング等々 

    好きな点、満足している点

    MT-09比べて 足付きは悪いのに取り回など凄く扱い安い、特にコーナーでは自分の腕が上がったのかと感じるぐらい懐の深さが気に入ってます。 

    嫌いな点、不満に思っている点

    覚悟してた以上の燃費の悪さ、ハイオクきつい! 

    あなたの愛車に関するコネタ

     

    役に立った:16

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP