取扱モデル
Product Lineup

セロー250

進化した「バイクを操る楽しさ」

特徴・各部詳細説明

来たよ。

待ち望んでいたその日は、ついにやってきた。新しいSEROWとともに過ごす、初めての週末。
街を抜け、澄んだ空気の中へ、自然の懐へ。二つの車輪と、二本の足とで前へ、奥へと進んでいく。
競うのではなく、敬い、調和し、自然とひとつになる。逞しい走りと走破性、扱いやすさ、そして全身を貫く
「SEROWはSEROW以外の何物でもない」という不変のキャラクター。
あらゆるステージを自らのフィールドに変える
高いポテンシャルと、自在に操る楽しさを求めて。

MOUNTAIN TRAIL
SEROW250

逞しい走りを生みだす、タフな実力。

空冷・SOHC・2バルブ・フューエルインジェクション搭載エンジン。SEROWならではの軽快感と低中速域での扱いやすさが、さまざまなシーンでの力強い走りを可能にするとともに、環境にも配慮。平成18年国内排出ガス規制に適合。

いつでも頼もしい、軽く、強靭なボディ。

重量物をボディ中心部に配置、軽量化と優れた剛性バランスを実現したセミダブルクレードルフレーム。ライダーが基本の凝縮感・一体感、また軽快感もあわせて達成。

しなやかなフットワークを、しっかりサポート。

フロントサスペンションは、225mmのゆとりあるストローク。リアサスペンションは軽量・アルミ製シリンダーのボトムリンク式。セッティング最適化により、さまざまなシーンで軽快かつ扱いやすいハンドリングに貢献。

絶妙なマシンコントロールに貢献。

異径2ポットキャリパー採用の外径245mmフロント&外径203mmリアディスクブレーキ。セローの走りにふさわしい操作性、扱いやすさを実現。

オンでも、オフでもタフな性能を発揮。

フロント21インチ、リア18インチの軽量アルミ製リムに、オフロードでの走破性はもちろんオンロードでのグリップ力にも優れた、低騒音を考慮した専用タイヤを装着。

夜間走行でも、安心。

軽量・小型ヘッドランプ。100mm径レンズと60/55Wハロゲンバルブにより、山道や市街地での夜間走行などに配慮した視認性を確保。

ひと目で、さまざまな情報がわかる。

スピードメーター、時計、ツイントリップ機能付のマルチファンクションディスプレイ。夜間走行時は、グリーンのバックライトで視認性に配慮。

※メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

いざという時、頼りになる。

スタック時などに頼りになる、リアサイド・2ヵ所のハンドルスタンディングを装着。またフロントのヘッドランプ下にホルダーストッパーを装着。

ライディングポジション、思いのままに。

程よい厚さ・硬さのシートは、長距離ランからトレールランまで、疲労の少ない乗り心地に貢献。あわせて最適なシート形状やシート高810mmにより、スムーズな体重移動や、優れた足着き性、自然で自由度の高いライディングポジションを確保。

いつでも、どこでも、機敏な身のこなし。

左右51度のハンドル切れ角は、1,360mmのショートホイールベースとあいまって最小回転半径1.9mを達成し、狭い場所でも優れた取り回しを実現。

正統派SEROWカラーが、さらに深化。

新たに加わったパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)※は、タンク、カモシカの顔をあしらったグラフィック、リムをオレンジでコーディネート。アクティブなアウトドアイメージを演出している。また同パターン採用のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)では、グリーンのタンクとグラフィックにゴールドリムを装着。さらに同じゴールドリムを装着し、アーガイル柄のモチーフが好評なベージュ(ベージュ)の3タイプをラインナップした。

※2016年3月発売予定

【SEROW】ヒマラヤカモシカ

カシミール、中国南部・中央部などに棲息。岩場を走るのに都合の良い柔らかいひづめが特長。 SEROWの名は、このヒマラヤカモシカをモチーフとして命名。以来、多くのユーザーから愛され、SEROWにこだわって乗り続ける人の総称として「セローイスト」という言葉も生まれました。

価格・仕様諸元

参考価格

SEROW250

¥507,600

(本体価格¥470,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(除く消費税)、登録に伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。(2008年6月 表示変更)
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。

認定形式/原動機打刻形式
JBK-DG17J/G370E
全長/全幅/全高
2,100mm×805mm×1,160mm
シート高
830mm
軸間距離
1,360mm
最低地上高
285mm
車両重量
130kg
燃料消費率 *1 国土交通省届出値定地燃費値 *2
40.0km/L(60km/h)2名乗車時
原動機種類
空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列
単気筒
総排気量
249 cm3
内径×行程
74.0mm×58.0mm
圧縮比
9.5:1
最高出力
14kW(18PS)/7,500r/min
最大トルク
18N・m(1.9kgf・m)/6,500r/min
始動方式
セルフ式
潤滑方式
強制圧送ウェットサンプ
エンジンオイル容量
1.4L
燃料タンク容量
9.6L
燃料供給方式
フューエルインジェクション
点火方式
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式
12V, 6.0AH(10H)/YTZ7S
一次減速比
3.083
二次減速比
3.200
クラッチ形式
湿式多板
変速機形式
常時噛合式5段
変速方式
リターン式
変速比
1速 2.846 2速 1.812 3速 1.318 4速 1.035 5速 0.821
フレーム形式
セミダブルクレードル
キャスター/トレール
26°40′/ 105mm
タイヤサイズ(前/後)
2.75-21 45P(チューブタイプ)/120/80-18M/C 62P(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後)
油圧式シングルディスク/油圧式シングルディスク
懸架方式(前/後)
テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ
ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
乗車定員
2名

*1:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります。

ユーザーレビュー

SEROW250
SEROW250

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:1

  • 自然へアクセス

    自然へアクセス

    2016/07/12ニックネーム:しょーちゃん
    平均燃費:街乗り時 35km/L  ツーリング時 38km/L

    自然へアクセス

    購入したきっかけは?

    クルマでは行けない場所に行きたかった。 

    利用状況について

    休日の気晴らしツーリング 

    好きな点、満足している点

    取り回ししやすい軽量ボディ。
    ON/OFF問わず何処にでも行ける軽快さ。
    250ccだから高速を使ったルートも選択可能。
    荒れた未舗装でも柔軟な足回りで未熟なライダーをサポートしてくれる。
    丈夫なボディで転んでもへっちゃら! 

    嫌いな点、不満に思っている点

    夜間走行時、ライトが暗い。
    走行中、横風に流される。
    高速巡航時、6速欲しい。 

    あなたの愛車に関するコネタ

    ハンドルの取り付け角度を少し上向き(納車時より数ミリ上)にすると操作性が更に軽快に。 

    役に立った:11

    このレビューは参考になりましたか?

レビューをもっと見る

PAGETOP